TOP > Web聖使命 > 20121101号 > 特集 17人が二重光輪賞の栄誉に > 記事

助産師の傍ら、半世紀以上誌友会を開催

二重光輪賞

北見教区 森ヤスコさん(88)

「もったいない限りです」。合掌して、何度も繰り返す。柔和な表情に長年の信仰生活の年輪が滲み出る。 昭和24年、姉の勧めで講習会に参加して入信。32年、当時6歳の長男が結核性脊髄カリエスに。が、朝、昼、夜の先祖供養と神想観で、数か月後、病は忽燃と消えていた。以来、助産師をする傍ら誌友会を開催。52年~平成7年、白鳩会教区連合会副会長。後継者の育成などに尽力し、今も自宅を誌友会の会場に提供。「命ある限りみ教えをお伝えしたい」

>> next