TOP > Web聖使命 > 20121101号 > 特集 17人が二重光輪賞の栄誉に > 記事

夫婦調和の秘訣を伝えて

二重光輪賞

福岡教区 あずま あきらさん(89)

結婚後の昭和31年、近所の人の勧めで生長の家の講演会に参加し、“人間神の子・無限力”の教えに感動して入信。夫婦共に体が弱く劣等感があったが、互いに感謝し讃嘆していると、それぞれが健康になり、明るい家庭に。そんな喜びを伝えたいと、製鉄所に勤務する傍ら、自宅で長年誌友会を開催。定年退職後は、県内各地の誌友会への出講を繰り返して夫婦調和の秘訣を伝えてきた。平成4~7年、相愛会教区連合会副会長。「世界平和を祈り続けたい」

>> next