TOP > Web聖使命 > 20121101号 > 記事

86点の力作を集めて第34回生光展

絵手紙・絵封筒は過去最高の668人が出品


祝日だった初日(8日)には274人の来場者で会場がにぎわった

◆本格的な絵画からPC画まで

 毎秋恒例の生長の家芸術家連盟(生芸連)美術展「第34回生光展」が、去る10月8日~14日、東京銀座画廊・美術館で開催された。
 生芸連会員、準会員、一般、招待作家の70人(前回比3人減)が出品し、86点(同1点減)の油彩、日本画、水彩などを展示。その中で招待作家は、遊馬正、金山桂子、永井郁の各氏が油彩を1点ずつ出品した。
 風景、人物、静物、抽象など、多様なタイプの作品が広々とした展示会場に並べら れた。
 恒例の絵手紙・絵封筒コーナーには、谷口雅宣・生長の家総裁の絵封筒(24点)とPC画(1点)、谷口純子・白鳩会総裁の絵手紙(6点)のほか、全国から届いた絵手紙640点(前回比205点増)、絵封筒28点(同3点増)を展示。また、ポスティングジョイ等で募集したPC画11点、写真10点が2台のiPad(タブレット端末)を使って展示された。
 谷口雅宣・生長の家総裁は、講習会で訪問された各地の風物などを、谷口純子・白鳩会総裁は同じく講習会で控え室に飾られた生け花を、それぞれ作品に表現された。
 また、プリント写真は、高倉俊治・本部講師(釧路教区教化部長)、吉柴康雄・本部講師(出版・広報部広報・編集課課長)、河原秀之さん(空知教区相愛会員、初出品)、苗代典夫さん(岡山教区相愛会員、初出品)が、それぞれ1点ずつ出品した。

◆絵手紙等は29教区から出品


絵手紙・絵封筒コーナーも人気

 今回、絵手紙・絵封筒は、前回より1教区多い29教区が出品。出品数が多かったのは、埼玉教区(164人)、青森教区(139人)、東京第二教区(101人) 、長野教区(90人)、島根教区(69人)の各教区。
 期間中、772人(前回比177人減)が来場して鑑賞。来場者からは「絵に立体感があって、すごかった」(10代女性)、「表現することの喜びがあふれていて、私も描きたいと思った」(60代男性)、「家庭的で明るく幸せが溢れていた」(60代女性)など好評だった。

生光展賞は山本由紀子氏に
8人が優秀賞、奨励賞ほか

 最優秀の生光展賞には、山本由紀子氏の日本画『ジャスミンのかほり(スリランカの踊り子)』(40号)が選ばれた。そのほかの入賞者、初入選者は以下の通り。(こちらに関連記事)

〈会員優秀賞〉(敬称略、アイウエオ順)
小関隆史(東京)

〈優秀賞〉
阿部慶子(東京)、卯野寿員(大阪)

〈会員奨励賞〉
答島和年(徳島)

〈奨励賞〉
亀川秀樹(東京)、播摩恵美(秋田)、本間雅栄(東京)
〈東京銀座画廊・美術館賞〉
木本邦子(埼玉)

〈初入選者〉
熊田美心(岐阜)、佐々木正和(神奈川)、瀧澤文崇(北海道)、田中武(栃木)、千羽真平(大阪)、前畑友里圭(三重)、松本勝宏(兵庫)、渡辺正重(福島)

生芸連ホームページにて主な出品作品をごらんいただけます。