TOP > Web聖使命 > 20130101号 > 記事

北カリフォルニア

北加で幹部研修会と一般講演会

日時計主義、自然との共生などをテーマに

幹部研修会の参加者の皆さん

 昨年10月27日、生長の家北カリフォルニア会館にて同教区の幹部研修会が、翌28日には一般講演会が開催され、合わせて約100人が参加した。
 同研修会と講演会では、勅使川原淑子・本部講師(アメリカ合衆国教化総長)、鶴田昌世・本部講師(北カリフォルニア教区教化部長)らが指導に当たった。テキストは『生命の實相』第1巻(谷口雅春先生著)、『次世代への決断』(谷口雅宣先生著)など。
 27日に行われた研修会は、一昨年にドイツで行われた「世界平和のための生長の家国際教修会」の内容を押さえて行われ、鶴田講師が教修会の内容を説明。勅使川原講師は結語講話を含む2講話を担当し、この世に生きる喜びを表現する先頭に立つのがリーダーであると説明したほか、自然と共に伸びる運動をさらに積極的に進めようと呼び掛けた。このほか、「青年の育成」「環境対策」など4つのテーマごとに、今後の取り組み方についてグループディスカッションが行われた。
 一方、一般講演会は、「あなたの夢を今実現する! 日時計主義の生活」をテーマに行われ、勅使川原講師は、日時計主義の生き方こそ幸せへの道しるべであると説明し、神想観を分かりやすく紹介した後、その実修を呼び掛けた。
 一般講演会の参加者からは、「心の働きの素晴らしさが分かった」などの感想が寄せられた。
勅使川原淑子・アメリカ合衆国教化総長の話
 「両行事ともに、明るく温かな雰囲気で終始しました。幹部研修会においては、一昨年の国際教修会に参加された幹部の方々が、ドイツで体験したことを参加者に伝えるなどして、研修会を盛り上げてくださいました。グループディスカッションでは、新年度の運動を念頭に、布教のあり方についての意見交換が行われ、具体的なアイデアが多数出ていました。“当たり前のありがたさ”を体感・体得された幹部の方々の布教への熱意に満ちた行事となりました。今後の伸展が楽しみです」