TOP > Web聖使命 > 20130301号 > 特集 12人が晴れの二重光輪賞 > 記事

喜びあふれる姿で人々を導く

二重光輪賞

岐阜教区 渡邉喜代子さん(86)

昭和37年、姪が持ってきた『白鳩』の、家族への感謝を説かれた谷口雅春先生のご文章を読んで感動し実践。「こんな幸せなことはない」と親戚に伝え、地元に講師を招いて講演会を開催するなど伝道に励むように。教えを伝えられた親戚(おい)の中には大塚和富・生長の家参議長や坂次尋宇ひろいえ・岡山教区教化部長の姿も。58年~平成6年、白鳩会地区連合会長。現在も練成副主任を務め、熟年者の集いを開催するほか、誌友会と教区練成会で毎月10回以上出講。「神様と一体の心境。善のみを見て生きる喜びを伝えていきたい」

>> TOP