TOP > Web聖使命 > 20131101号 > 特集 晴れて16人が二重光輪賞 > 記事

教区の発展を支え続ける

二重光輪賞

函館教区 鎌田 守さん(85)

熱心な信徒の両親の影響で、昭和40年、入信。営林署に勤務しながら相愛会長として光明化に貢献。定年間近の61年、請われて教化部に奉職。以来10年間、教化部事務局長として、パソコンの導入、新教化部会館の建設の募金活動などに尽力した。教区内の幹部宅へ普及誌、教区機関紙を配本しながら、高齢の信徒への声掛けや悩み相談に乗るなど、教区の発展を地道に支えてきた。現在も毎月、自宅で誌友会を開催し、出講も務める。教区の清掃活動などにも精力的に参加し、「後進の育成に励みたい」 とも。

>> next