TOP > Web聖使命 > 20131101号 > 特集 晴れて16人が二重光輪賞 > 記事

教区の練成主任を16年

二重光輪賞

栃木教区 鈴木久子さん(77)

信徒の家庭に育ったが、振り向いたのは昭和32年。父親から結婚に反対され、解決を求めて本部練成道場の一般練成会に参加。講師から「父親に従いなさい」と指導され、我の願いに気付き結婚を断念した。その後、結婚した夫は54年、急逝し、親戚の借金問題も抱えたが、「今こそ信仰を第一に」と思い直し、4人の子供を育てつつ白鳩会活動に励むと円満に解決。平成3~6年、白鳩会教区連合会副会長、6~19年、地方講師会長。9年から練成主任を務め、後継者を育成。「次世代に教えを伝えてご恩に報いたい」

>> next