TOP > Web聖使命 > 20131101号 > 特集 晴れて16人が二重光輪賞 > 記事

無我になって、お役に立ちたい

二重光輪賞

広島教区 窪田テルコさん(79)

結婚した昭和34年、婚家の姑から講習会に誘われ、教えに触れた。44年、夫が腎臓結石となり、勧められて毎日先祖供養すると、3カ月で快癒。以来、白鳩会で積極的に活動するように。支部長、地区連合会長を経て、平成4~16年、教区連合会副会長。一方、2~17年、地元の民生委員として地域貢献に尽力。茶道にも熱心で、江戸千家師範の資格を生かし、現在も、教区練成会で接待係として活躍。「今後も無我になって、皆様のお役に立たせていただきます」

>> next