TOP > Web聖使命 > 2014年2月号 > 記事

谷口雅宣・生長の家総裁の新年のビデオメッセージを初配信

全世界で5,000回以上の視聴

 今年1月1日午前0時、谷口雅宣・生長の家総裁の新年のビデオメッセージ「自然と共に幸福を実現しよう」が、生長の家公式サイトで公開された(英語字幕版は同英語版公式サイトで同時に、ポルトガル語版は、本年1月6日から公開)。このビデオメッセージの配信は、今年から新年祝賀式が執り行われないことに伴うもので、谷口雅宣総裁のビデオメッセージのインターネット配信はこれが初めて。世界で既に約5,269回(1月11日時点)が視聴されている。
 総裁は、5分24秒にわたってメッセージを述べられ、“ 森の中のオフィス”から挨拶できることに謝意を述べられるとともに、生長の家が自然エネルギーを主体に使い、物の消費より、農作物の生産を含めた自然との触れ合いの中に喜びを見出すライフスタイルへの転換を目指すことを強調。生長の家は「天地一切のもの」との和解により幸福を実現する教えであり、自然と人間が調和しているのが神の創造の実相であることを多くの人に伝えるよう訴えた。
 ビデオは、昨年12月末、“ 森の中のオフィス” 近くのメディアセンターのアートスタジオ棟で収録され、総裁は、当日、雪がちらつく白い森を背景にして話されるとともに、総裁の撮影されたオフィス周辺の自然の写真を始め、職員による森での間伐作業などの映像が挿入されて、自然と人間が調和した生き方が視覚的に紹介された。
 同ビデオは、総本山、本部練成道場、富士河口湖練成道場の新春練成会などで行事中にも視聴され、参加者から感動の声が上がった。

 視聴者からの声

◆純白の雪景色を背に新年のご挨拶をされる総裁先生のお姿に強く胸を打たれ、神の如く自然・人間を共に愛していこうと決意致しました。(東京都・女性)
◆感動で映像を何度も視聴。総裁先生が目の前にいるような迫力を感じました。(福井県・男性)
◆新年に動画で総裁先生からメッセージを頂き、信徒として大変幸せです(石川県・女性)
◆すべてに納得がいく説得力あるメッセージでした。物質的な安楽さよりも自然と調和して生きることを強調することは、間違いなく今日の世界が必要としていることです。(アメリカ合衆国、男性)
◆緑の風景から、紅葉、今の雪景色に囲まれたオフィスと自然が映像の中で一体となっていること、ドイツにいながら先生のお声を拝聴できることに感激いたしました。(ドイツ、女性)