TOP > Web聖使命 > 2014年3月号 > 記事

中華民国

自然と人間の共生をテーマに 全国幹部研修会

 昨年12月14日~15日、中華民国(台湾)の高雄教化支部会館で、「第8回中華民国全国幹部研修会」が開催され、105人が参加。国際本部から目等泰夫・本部講師(千葉教区教化部長)が派遣され、森田正紀・中華民国教化総長とともに、中国語の通訳付きで指導に当たりました。
 目等講師は、総裁先生の講話「対称性の論理を学ぶ」(『生長の家』昨年8月号)等をテキストに「宗教における都市と自然」など4講話を担当。森田講師は、今回、中国語に翻訳された「大自然讃歌」を用いるなど2講話を担当しました。
 目等講師は「同国の教勢発展に手応えを感じた」、森田講師は「地方講師研修会等で、今回学んだ内容の理解を深めたい」と語っています。