TOP > Web聖使命 > 2014年3月号 > 記事

東南アジア

タイとインドネシアで誌友会

 昨年12月4日~8日、タイとインドネシアで合同誌友会が開催され、久都間繁・本部講師(講師教育部外国語課課長)が指導に当たりました。
 タイでは、4日、バンコク市の丸山静子・合同誌友会代表宅で誌友会(3講話)が開催され、9人が参加。インドネシアでは、7日、ジャカルタ市の公立高校で講演会が開催され、生徒・教師ら約60 人が参加。同講師が「夢は神様から授けられたもの」と話すと、生徒からは「外交官になりたい」などの夢が発表されました。8日、同市内のホテルで合同誌友会(3 講話)が開催され、3人が参加。
 久都間講師は「誌友会を活性化させ、現地の若い幹部が育つよう導いていきたい」と語っています。