TOP > Web聖使命 > 2014年12月号 > 記事

「自然の恵みフェスタ 2014」が開催

スポーツ・芸術・食を通じて、恵みに感謝を
10月26日〜28日


 10月26日から28日の3日間、「生長の家 自然の恵みフェスタ2014」が、“森の中のオフィス”で開催されました。このフェスタは、自然の恵みや収穫への感謝を目的として企画されたもので、26日~27日の拡大最高首脳者会、28日の谷口清超大聖師六年祭に合わせて開催され、秋晴れの青空の下、色鮮やかな紅葉の森に囲まれたオフィスは、多くの来場者で賑わいました。
 フェスタは、26日午前10時、自転車で山道を登るイベント「天女山ヒルクライム」でスタート。JR甲斐大泉駅(標高1158メートル)から天女山山頂(同1529メートル)の4.6キロ、標高差371メートルのコースを登るもので、谷口雅宣・生長の家総裁をはじめ53人の参加者が、沿道から職員らの温かい声援を受けながら自転車で山頂まで登りました。
 27日午後には、オフィス食堂ホールで「森のひだまり音楽会1 ~合唱とギターの調べ」を開催。生長の家聖歌隊の合唱や職員の独唱、謡いのほか、地元の音楽家がギター演奏を披露し、約150人の聴衆から、大きな拍手が送られました。

※本フェスタの様子は、その詳細を「生長の家 森の中のオフィス」ブログでも紹介しております。