TOP > Web聖使命 > 2015年10月号 > 記事

自宅用に、プレゼントに──来年版の新製品を発売!

『日時計日記』
『こどもカレンダー 夢のつばさ』
『ひかりの言葉』


 9月~10月、来年版の日記、カレンダー等が相次いで発売されます。
 1点目は、谷口純子・生長の家白鳩会総裁監修の『日時計日記』(生長の家刊)2016年版。表紙は白地に季節感のある写真と日時計のイラストを配置したさわやかなデザインを採用。各月の扉には、谷口雅宣・生長の家総裁、谷口清超・前総裁、谷口雅春・創始者、谷口純子・白鳩会総裁の言葉と、谷口純子・白鳩会総裁の挿画をカラーで掲載。(生長の家刊/B6判紙ケース入り/定価900円、発売中)
 2点目は、宗教法人「生長の家」編纂の『ひかりの言葉』平成28年版。谷口雅宣・総裁、谷口清超・前総裁、谷口雅春・創始者のご著書から31日分の言葉(主文と解説文)を収録。「一般用」と主文の英訳文を加えた「英文入り」の2種類で、注文して会社名などを入れることが可能。表紙の写真は、谷口清超・前総裁が東京・原宿の公邸で撮影されたユリの花です。(生長の家刊/日本教文社発売/縦38.5cm×横13cm/定価620円、発売中)
 3点目は、谷口純子・白鳩会総裁監修の『こどもカレンダー 夢のつばさ』平成28年版。谷口雅宣・総裁、谷口清超・前総裁、谷口雅春・創始者の言葉(英訳付き)と12点のイラストが入った小中学生向けのカレンダー。イラストを描いたのは、熊本県を拠点に活躍するイラストレーター、あべまりあさん。自然の中で楽しく遊ぶ子供たちを描いています。付録の「ニコニコシール」は、学校や家庭でさまざまに活用できるよう一新し、『こども日時計日記』でも使うことができます。(生長の家刊/日本教文社発売/A4判・28頁/定価700円、10月下旬発売予定)
 いずれも、会員・信徒のみならず、友人、知人、子供たちへ“真理の言葉”のプレゼントとして最適です。