TOP > Web聖使命 > 2015年10月号 > 記事

新潟越南教区で自然の恵みフェスタ

447点の絵手紙・絵画を展示

 新潟越南教区では、絵手紙・絵画、音楽、ヒルクライム、ノーミートのプログラムにより、3回にわたって、自然の恵みフェスタを企画。去る8月23日~24日には、長岡教化部で、「芸術」をテーマに絵手紙と絵画を展示した同フェスタが開催され、約60人が来場しました。
 2階道場に展示された絵手紙420点は、技能や芸術的感覚を生かした誌友会を開催した単位組織から募り、絵画27点は有志4人が出品。
 23日には絵手紙のワークショップが開かれ好評だったほか、中内教化部長の出品作40点は100円で販売し、売上はWFP(国連世界食糧計画)に寄付。また全出品者の作品(1人1点)は、10月、“森の中のオフィス”で開催される「自然の恵みフェスタ2015」の中の「あなたに届く絵手紙・絵封筒展」に出品される予定です。
 来場者から「生き生きとした作品が多くて感動した」などの感想が。
 この後、同教区では、9月21日に「芸術」をテーマに、音楽のフェスタを、10月12日、ヒルクライムとノーミート料理をテーマにしたフェスタを開催する予定です。
中内英生・教化部長の話
「絵手紙を描いて、真象を見る意義と感動を皆で共有できました。三組織が協力できたことも収穫。続く行事も合わせ、これらの喜びが、運動の活性化に繋がるよう努めたい」