第40回生光展

「第40回生光展」

<会期>
2021年8月1日〜9月20日(絵画・彫刻部門は10月末まで)
開催中止
 本展は、新型コロナウイルスの感染状況を考慮して本年8月1日からの開催を延期していましたが、その後も全国での急激な感染拡大が継続していることから、やむなく開催を中止いたしました。同展への来場を予定されていた方には誠に申し訳なく存じますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 なお、本年10月1日から本サイトで公開する「第40回生光展ウェブサイト版」にて、同展の入選作品をご覧いただくことができます。ぜひご覧ください。

「第40回生光展ウェブサイト版」はこちらから

<会場>
生長の家メディアセンター・アートスタジオ(絵画・彫刻部門)
生長の家“森の中のオフィス”イベントホール(動画部門、手工芸品部門)

<部門>
絵画・彫刻部門
動画部門
手工芸品部門

<テーマ>
COVID-19と私」 ※ COVID-19 :新型コロナウイルス感染症

<開館>
10:00〜16:00(入場は15:30まで)
木曜・祝日休館(他、休館日あり)
入場無料

<ウェブサイトでの展示>
10月~

<趣旨>
COVID−19の影響を受けた1年余りの日常生活の中で、コロナバスターズ宣言の精神に沿って「自然重視、低炭素の表現活動」として制作された絵画・彫刻、動画、手工芸品を展示する。

コロナバスターズ宣言(5Rs)
1.責任(RESPONSIBILITY):
  私たちは責任あるコミュニティーのメンバーとして考え、行動します。
2.柔軟に忍耐強く(RESILIENCE):
  私たちは忍耐強く生き、事態が正常化した時に正しく行動するための準備を怠りません。
3.決意(RESOLUTION):
  私たちはこの時期に、正常時にはなかなか決意できなかった新しい決意を固めます。
4.尊敬(RESPECT):
  私たちは、私たちの隣人、地上の全生物を含めたすべての仲間を尊敬します。
5.抑制・制限(RESTRICTION):
  私たちは現状が気に入らないというだけで、決して大騒ぎなどしません。

第40回生光展