ノーミート

お肉を使わない“ノーミート”

生長の家では、心をもち、同じ生命を持つ動物の殺生を避けるという宗教的な理由と、地球環境への配慮という2つの観点から、肉食を控えることを推奨しています。
地球温暖化と肉食というのは、一見、関係が無いように思えますが、実は、牛や豚などの家畜の餌となる穀物飼料の生産や、家畜の放牧のために多くの森林が伐採されています。森林の消失は地球温暖化に影響があるため、できるだけ環境に負荷をかけない、お肉を使わない“ノーミート”の食事をお勧めしています。

一般的なベジタリアンの分類では、牛、豚、鳥を避けて、食材を植物性のもの、乳製品、タマゴ、魚介に限定した食事にあたります。

■参考リンク
ノーミートが世界を救う(『日時計24』No.114)
https://www.hidokeilife.com/m/hidokei/ノーミートが世界を救う/

食の大切さといのちの尊さが、子どもたちの心に刻まれて(『白鳩』No.141)
https://www.hidokeilife.com/m/shirohato/ルポ│食の大切さといのちの尊さが、子どもたち/

地元で採れた旬の食材をたっぷり使う愛情弁当(『白鳩』No.120)
https://www.hidokeilife.com/m/shirohato/ルポ_地元で採れた旬の食材を-たっぷり使う愛情/

世界平和の実現に向け、広く肉食の弊害を伝えよう(『いのちの環』No.130)
https://www.hidokeilife.com/m/inochinowa/インタビュー構成_世界平和の実現に向け、広く/

■参考書籍
『食卓から未来を変える』
https://www.ssfk.or.jp/p/a/102502.htm