SNIクラフト倶楽部・展示コーナーだより♪

*展示コーナー・2020年度の作品が揃いました*

2019年に、国際本部の“森の中のオフィス”内に誕生した
SNIクラフト倶楽部の展示コーナー


このコーナーは、主に“森の中のオフィス”を見学される方へ
生長の家のプロジェクト型組織(PBS)の活動、低炭素のライフスタイル実践の紹介を目的として、
SNIクラフト倶楽部メンバーの作品を展示しているものです。

こちらの記事もあわせて読む↓

2019年4月完成「SNIクラフト倶楽部・展示コーナーが完成♪」


2年目となる2020年の展示コーナーには、
全国のSNIクラフト倶楽部メンバーにも協力をいただき、
沢山のすてきな手づくりの品が集まりました。

どの作品もひとりひとりの個性が光り、
見ていて心が温かくなるものばかりです。

そんな作品たちをこれから紹介させていただきます。


*作品紹介*

クラフトに使う材料も
「自然素材」「自然由来の製品」を使うようにしています。

糸、毛糸、木材、竹材、植物染料などを使用し、
化石燃料由来のものはできるだけ使用していません。(再利用品は除く)


『竹皮の弁当箱』作者:つしま屋 
天然の竹からとった皮(2019年5月採取)でつくられた作品です。 時が経っても、傷みはなく、むしろ、しっかり乾いて丈夫になっていて、 まだかすかに竹の香りも残っています。

『Tシャツヤーンのひもポシェット』 作者:kiramekiyukie  
古着のTシャツを細く切り、一本の糸にして、編まれた作品です。

『里山の春』 作者:ひだまりの家 
ぎんなん、松葉、かぼちゃの種、桜の枝などでつくられた作品です。

『紫陽花染めのタッセル』 作者:花鳥舎
生長の家赤坂“いのちの樹林”で剪定したあじさいの葉で、
草木染めにした絹糸からつくられた作品です。

『エコクラフトテープのかご』 作者:あーちゃんのカゴ 
エコクラフトテープと必要最低限の接着剤で つくられた作品です。この作品をご覧になった方に“「自分でも作ってみたい」と思っていただけたらうれしい”との想いで出品いただきました。

『めぐる季節』 作者:andante 
天然素材の布と糸で八ヶ岳の四季を表現した作品です。
額は端材とそうめんの木箱でつくられています。

『リネン×和紙糸の食器洗いクロス』 作者:手作り雑貨ふわふわ工房 
日本製のリネンと和紙糸のワッフル生地、綿100%のミシン糸でつくられた作品です。
タグ部分は麻100%のテープに、日本製の綿100%の刺繍糸で刺繍がほどこされています。

『麻ひもタワシ』 作者:あゆさんのエコタワシ 
黄麻(ジュート)を指で編んでつくられた作品です。

『コットン毛糸タワシ』 作者:有機編紡 
オーガニックコットンの糸で編んだ食器用タワシです。

『小鳥の語らい』 作者:ミセス・ローズ 
森の中で仲むつまじく語らう小鳥たちを押し花で表現した作品です。

『フレンチリーブトップス』 作者:kasty.kasty.kasty
綿100%の生地と、レースはリネンのハギレを使用。
自分の服は可能なかぎり自給自足をしたいという思いからの作品。

『リネンの刺し子バッグ』 作者:kasty.kasty.kasty
リネンのハギレをつぎ合わせ、裏布は洋服を作った余り布を使用。
布の補強に飾りの要素を加えた“刺し子”作品です。

『八ヶ岳ブックスタンド』 作者:暁工房 
山梨県産スギ材を使用し、柿渋で塗装された作品です。
八ヶ岳をイメージしてつくられています。

『竹のランプシェード』 作者:Bang Bamboo 
地元・山梨県北杜市の竹林から採取した竹で作った作品です。
太陽光を蓄電したバッテリーでLEDライトを光らせます。

『スマホスピーカー』 作者:むすび木工 
建築端材及び山梨県産材でつくられた作品です。

*おわりに*

こうして作品が集まると、
「クラフトする」ことへのひとりひとりの想いに、
前向きなパワーを感じます。

そして、つくった人の個性や存在を感じることができて
「手づくりってすごいな~」と改めて思いました。

今この画面を通して、作品をご覧いただいたみなさまにも、
自然重視のクラフトの素晴らしさを感じていただき、
何かつくりたい! というきっかけになっていましたら、嬉しく思います。

(SNIクラフト倶楽部 松尾富美子)

布マスクは代用品じゃなくて、これからの主役だ

みなさんこんにちは。
SNIクラフト倶楽部の松尾純子です。
2020年1月末から世界各地で流行が始まった、新型コロナウイルス感染症。
日本では5月末に緊急事態宣言が解除され、感染拡大防止の対策をしながら、
仕事や学校、日常生活が再開されています。
しかし7月上旬現在、再び東京で100名越えの感染者が確認されたり、世界では感染拡大が止まらず、
世界中で1100万人以上の人が感染し、52万人以上が亡くなっています。(参照:WHO世界保健機構より)


 

日常生活で必需品となったマスクですが、
一時、不織布が主流の使い捨てマスクの生産が需要に追いつかず、
マスク不足の時期もありました。
そんな中で、SNIクラフト倶楽部の多くのメンバーが取り組んだように、
世の中では「ないなら作ろう」「洗って繰り返し使える」と、
綿などの自然素材で布マスクを手作りする人、また繰り返し使えるマスクを購入する人が増えてきました。

しかし現在(7月)においては、マスク不足の時期から一転。
「布マスクは、あくまでも代用品。 安く使い捨てできるマスクが手に入るなら、こっちを使う。」

不織布の使い捨てマスクの供給が増え、布マスクを使っていた人も、使い捨てマスクに変える人もいらっしゃるかと思います。

この記事は決して使い捨てマスクを否定するものではありません。
ですが、この新型コロナウイルスの問題や、使い捨てマスクによって起きている海洋ゴミ問題と、わたしたち人間一人ひとりの意識や行動との関係について触れながら、 繰り返し使える布マスクが、これからの主役になってほしいと願いを込め、 ブログを綴りたいと思います。


 

1.お店に戻ってきた不織布マスク

1月下旬から使い捨てマスクが手に入らず、
布マスクを手作りして使っている人、
お店やネットで布マスクを購入する人、
使い捨てマスクを洗って消毒し、数回使っている人など、
自分のせきやくしゃみ、会話における飛沫感染を防止する目的で、
マスク着用するために、さまざまな工夫で感染拡大防止に努めていました。

日本においては、国内の各企業の新規参入や、4月中旬ごろより海外からの輸入再開により、
徐々に店頭に不織布マスクが並ぶようになりました。
以前に比べ、非常に高額だった不織布マスクも、7月上旬現在は値崩れしているようです。

一方で、お店で格安でマスクが手に入るようになってからは、
それまで布マスクを使っていた人も、便利・手軽・安いという理由で、
次第に使い捨てマスクを利用するようになった人も多いのではないでしょうか。


 

2.海を漂う人間が捨てたマスクたち

世界全体で拡大を続ける新型コロナウイルス感染症。
それに伴い、世界中でマスクの需要が高まりました。
その一方で、世界各地の海中で、捨てられたマスクのゴミが漂流し、
生態系に悪影響を及ぼしています。

使い捨てマスクが海に漂流 生態系に新たな脅威 (朝日新聞GLOBE 2020年3月13日)
マスクが海を汚す… 使用増加でポイ捨ても増加 (ロイター2020年6月10日)

記事によりますと、マスクやゴム手袋といった、 新型コロナウイルスの感染を防ぐため使われたとみられるものが 多数見つかるようになったといいます。

これらは、海洋中のプラスチックゴミなどと同じで、環境に影響を与えます。
一般に広く使用されているサージカルマスクは「紙マスク」とも呼ばれますが、
実は「紙」ではなく、主な材質はポリプロピレンという「プラスチック」です。

フランスのNPO・Opération Mer Propreの創始者ロンバール・ローラン氏はこう言います。
「マスクが分解されるまで、300年から500年くらいかかると言われています。環境に長期的な影響があり、分解されて食物連鎖の過程に入り、最終的に人間が食べてしまうのです」

(引用:TBSニュース【SDGs×コロナ後の世界】マスク普及で“不都合な真実”も


 

3.コロナ禍での気づき

人類の誕生とともに感染症との闘いの歴史が始まったといわれ、中世ヨーロッパにおいて人口の3分の1が死亡したといわれるペスト。世界中で5億人以上の者が感染し、死亡者数が2,000万人とも4,000万人ともいわれる1900年代以降インフルエンザの流行など、感染症は多くの人類の命を奪ってきました*1。

しかし感染症の歴史と人類・文明の関係は、人間が自然や動物を自己中心的に利用し、より至福な便利な文明生活を追求してきた結果、感染流行を繰り返してきたという研究結果もあります。 * 2
また、産業革命以降、とりわけ20世紀以降、人間による「開発」「発展」という名の自然への介入は、それまでとは比較にならない規模と速度で自然破壊がすすみ、それによって引き起こされた感染症が数多くあります。 * 3

根本的に、私たち人間ひとりひとりが、便利で効率優先な、大量生産大量消費のサイクルの矛盾・問題点に気がつき、自然や他の動植物を、人間の好きなままに酷使するような価値観・生き方を変えない限り、問題は繰り返すと思います。

2020年、世界中で大流行した新型コロナウイルスの問題から、
私たちは生き方を変えていくことを学ばなければいけない、そう思うのです。


 

4.布マスクは代用品じゃない。これからの主役だ

先にも述べましたが、決して、使い捨てマスク自体を否定したいのではありません。 (使い捨てマスクが必要な仕事やシチュエーションもあると思います)

使い捨てできるマスクが手に入らなかった2月以降、
不便であっても様々な手段でマスクの代わりになるものを使う人が多くいました。

しかし再び使い捨てマスクを購入できるようになったら、
また使い捨て文化に戻ってしまう風潮を見て、矛盾を感じていました。

布マスクを使う等、一見不便に思えるこの経験を生かして、
環境問題や次世代の地球へ意識をむけ、
持続可能な生活スタイルを続けてみませんか。

「布マスクは代用品じゃない。むしろこれからの主役になってほしい。」
---街で布マスクをつけている人達を見て勇気をもらい、
この思いが更に広がるようにと、そう願うのでした。

(SNIクラフト倶楽部 松尾純子)


 

参照:
*1:人類と感染症の歴史 – 厚生労働省サイト
*2:「文明と伝染病:その関連の歴史」(大谷明・国立感染症研究所名誉所員)
*3:『感染症と文明-共生への道』(山本太郎・著、岩波新書)

黄色の旗を掲げ平和を祈る

こんにちは、SNIクラフト倶楽部の松尾です。
新型コロナウイルス感染拡大で、暗い雰囲気が世界を覆っています。

そんな中で、今回は「黄色の旗」について紹介したいと思います。
「黄色」と聞くと、元気や明るい、太陽や光、というイメージを持つ方も多いと思います。

実は最近、じわじわと新型コロナウイルス感染症の終息を祈って、
自宅などに「黄色い旗」を掲げる人が増えてきています。

なぜ黄色なのか?なぜ掲げるのか?
これまでの歴史や実際にあった例も交えながら、紹介していきたいと思います。


目次

1.広がる黄色い旗を掲げる動き

2.願いを込めた、黄色いハンカチやリボンの由来

3.新型コロナウイルス感染症の終息を祈って

4.世界の平和を祈る


1.広がる黄色い旗を掲げる動き

 2019年11月から、新型コロナウイルスの感染者が少しずつ増え始め、2020年5月初旬現在、世界で感染者は約320万人、死亡者は約23万人と、世界中に感染者がひろがっています。(参照:NHK発表/アメリカのジョンズ・ホプキンス大学発表を基に作成)
 また、これまでの通常の生活を送れなくなり、医療、食糧、社会インフラ、流通、交通、教育など様々な面で過酷な状況となっている方が、世界中にいます。

 そんな中、世界の平和、社会の正常化を信じて祈り、多くの人々とこの意図を共有しようと、黄色い旗を掲げる人々が出てきました。


2.願いを込めた、黄色いハンカチやリボンの由来

 映画「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」(日本・1977年・山田洋二監督)や、映画「黄色いリボン」(She wore a yellow ribbon)(アメリカ・1949年・ジョン・フォード監督)などでは、黄色のハンカチやリボンが、大切な人をいつまでも待つという意味の象徴で、用いられています。

 では、なぜ物語の中で、幸せの象徴として黄色い旗やハンカチが登場するようになったのか、更に歴史をさかのぼってみましょう。

 イギリスでは古くから、黄色は「身を守る色」「魔よけの色」として使われています。それがアメリカへと渡り、次第に「愛する人が戦場で無事でいられますように」「戦場から無事に家に帰ることができますように」と意味が込められるようになりました。

 

 アメリカのジャーナリスト・小説家ピート・ハミルが1980年に出した短編集『ニューヨーク・スケッチブック』の中に、『Going Home』のタイトルで黄色いハンカチが登場するコラムが収録されました。(元々は1971年にニューヨーク・ポスト紙に掲載されたコラム)

 さらには1973年にアメリカのポップスグループ・ドーンがリリースした曲、”Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree”が大ヒットをし、この曲の中にも黄色いリボンが出てきます。

黄色い布やリボンを巻き付ける習慣がアメリカ中に広まったのは、1979年のイランのテヘラン米大使館人質事件において、人質となった夫の無事の生還を祈って、オークの木の幹に黄色いリボンを巻きつけている家族の姿が、アメリカのニュース番組で報道されたことが、大きなきっかけの一つであると言われています。

 その後湾岸戦争、イラク戦争でも兵士の家族が無事を祈って、玄関やベランダなど目立つところに黄色いリボンを巻くようになりました。

 また最近では、日本でも、2011年3月の東日本大震災後や、2016年4月の熊本地震後、 津波や地震によって家を失い、仮設住宅で生活していた方々が、 映画「幸福の黄色いハンカチ」をまねて、玄関先に黄色い旗を掲げていました。
社会の幸福を祈る意味のほか、毎日旗を出すことで、「今日もわたしは元気」とメッセージを周囲に伝え、孤独死を防ぐ目的もあったそうです。


3.新型コロナウイルス感染症の終息を祈って

 新型コロナウイルス感染が拡大していく中、この黄色い旗を掲げる取り組みを始めたのが、
生長の家総裁・谷口雅宣先生でした。

 黄色い旗を自宅や自転車に掲げ、
さらには自らデザインしたコロナバスターズのマークが入った旗も自宅に掲げ、
社会の正常化を信じて祈り始めたのがきっかけでした。


また、生長の家白鳩会総裁・谷口純子先生も、
黄色い旗を手作りし、祈りを込める様子がブログに紹介されています。

「コロナバスターズリレー」(恵味な日々・生長の家白鳩会総裁)


他には、SNIクラフト倶楽部の兄弟グループ・SNI自転車部が、
緊急事態宣言下で在宅勤務が続き、仲間同士で集まれない中、
「コロナバスターズ・リレー」という取り組みを始めました。

(緊急事態宣言に従い、都道府県の状況にあわせ、安全に最大限考慮しながら取り組んでいます)

そこでは、黄色い布を各自宅にかかげ、
新型コロナウイルス感染拡大の早期収束への願いを込めています。


そしてわたしたちSNIクラフト倶楽部メンバーでも、
それぞれの自宅の玄関先や室内などに、黄色の旗、ガーランドなどをかかげ、
世界の平和を祈る人たちが続々と増えています。


4.世界の平和を祈る

このように黄色は、身を守る、大切な人を待つなど、幸福、明るいなどの意味が込められています。
 
世界中で拡大する新型コロナウィルスによる感染症が一日でも早く終息し、安心して暮らせる日々が訪れることを祈りながら、自宅などに黄色の旗やリボンを掲げ、明るく前向きに、共に過ごして参りましょう。

(SNIクラフト倶楽部 松尾純子)



【参照】
Wikipedia「イエローリボン」
日本文化いろは辞典「父の日」
世界の民謡・動揺「ピート・ハミル(Pete Hamill)と幸福の黄色いハンカチ」
花キューピット「父の日の由来 ~黄色いものを贈るのはなぜ?~」
Wikipedia「幸せの黄色いリボン」(Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree)

つくってみよう♪亜麻(リネン)の食器洗いクロス

以前ご紹介しました「自然素材の食器タワシを作ってみた」に続き、
キッチンで活躍する食器タワシのシリーズ第2弾です♪

自然由来の素材でできているもの(自然からお裾分けしていただく)、
長く大切に使ったあとは自然(土)にかえるもの、
という視点で、毎日の食器タワシも選んでみてはいかがでしょうか。

例えば、綿、麻、へちま、シュロなど・・・。
身の回りには、天然素材でつくれる日用品がたくさんあります。

そこで、
今回は、亜麻(リネン)×和紙糸でできた食器洗いクロスをご紹介します。
生地がポコポコしていて、汚れが落ちやすく、
乾きも早いので衛生的なこのクロス。使い勝手もよくておすすめです♪

また、この亜麻(リネン)×和紙糸の食器洗いクロスを作った
SNIクラフト倶楽部のメンバーのひとり、
「手作り雑貨ふわふわ工房」さんこと、近藤弥栄子さん(山梨在住) に
お話を伺うことができました♪
素材・材料選びから、使い心地の検討について、
とっておきのエピソードを教えてくれました♪
 →探す・試す・考える 素材にこだわったクラフト


亜麻(リネン)×和紙糸の食器洗いクロス の作り方

まずは材料

① タテ糸は亜麻(リネン)、
ヨコ糸が和紙糸のワッフル生地(日本製・繊維は輸入)を用意します。

② 綿100%の縫い糸
今回はオーガニックコットン100%の糸を使用しました。


③ 麻テープ(タグ部分)


  ④ スタンプ用のインク(環境に優しいインク)


作り方

① タグ部分の麻テープにを二つ折りし、輪部分の方に好きな柄をつけます。
今回は、ハンコとスタンプ用インクでハート柄をつけました。
このとき、端部分に柄をつけても、あとで縫い付けて内側に入ってしまうので注意です。
その後、着色を安定させるためにアイロンを15秒ほどあてます。(ドライ)

一番最後は、このようにタグの端は
内側に縫い込みます。
スタンプを押すのは輪の方にどうぞ

② ワッフル生地を半分に折ります。このとき、裏表は気にせず折ります。

③ 上部分の端から2目くらいのくぼみに印をつけます。
ココを横方向へ、なみぬいで縫っていきます。
最後までいったら、返し縫いします。

④ 同様に、下部分の端から2目くらいのくぼみに印をつけ、横方向に縫っていきます。上記③参照です。

⑤ 上と下が縫えたら、ひっくり返します。
アイロンをかけます(スチーム)。

まだ縫っていない縦側の端を、内側に1センチほど折り返し、その跡をつけるようにアイロンをあてます。跡がついたら全体的にアイロンします。

⑥ 初めに①でつくったタグを、縫い付けます。縫い目が目立たないので、なみぬいでざくざく。

赤いハートのスタンプがすれちゃった(涙)

⑦ かがり縫いで口を閉じていきます。タグ部分は縫い目が目立たないよう上からなみぬいします。糸を始末したらあと一息!

⑧ 最後にアイロン(スチーム)で形をととのえます。完成♪


使う時のポイント

・吸水性がいいので、縮んで一回り小さくなります。
・使用後はしっかり絞って乾かして下さい。
・油が落ちない場合は、環境に優しい洗剤をお使いください。(泡立ちません)
・定期的に天日干しにしたり、煮沸消毒すると衛生的です。

いろんな自然素材のタワシを使い分けてみよう

食器洗いは、
「洗浄力の高い洗剤×泡立ちの良いスポンジ」が
当たり前になってきている現代。

ですが、泡立ちの良いスポンジはプラスチック製の物がほとんどで、
・限りある地下資源(石油)によって大量生産されている
・ 洗いながら、生分解しないマイクロプラスチックを川や海に流してしまう
などの問題があります。

洗浄力の高い洗剤については、
ここでは詳しく説明しませんが、化学成分を使っているため、
水質を汚染し、微生物を初めとした生物に悪影響を与え、
生態系を壊すなどの問題があります。

そのため、今回の亜麻に限らず、
綿、麻、へちま、シュロなど、いろんな自然素材のスポンジやタワシを、
目的や用途に合わせて使い分けてみてはいかがでしょう。

少しめんどくさいなと思えることも、
ちょっとした環境への思いやりによって、
地球環境を守ることに繋がりますね♪

(SNIクラフト倶楽部)

はじめてみませんか?

「SNIクラフト倶楽部」のウェブサイトにお越しいただき、ありがとうございます。

  • 自分で手づくりしてみる
  • 素材選びから、自然の恵みを感じてみる
  • 作る楽しさ、完成のよろこびを、仲間と共有してみる

そんなスローライフを、過ごしてみませんか?

“SNIクラフト倶楽部”への入部はコチラから↓

 

 

「入部申込み」へ