For women ♡あと一歩、地球に優しい生活へ 布ライナーを作ろう

女性のための物作り。手縫いでもミシンでも。

あと一歩、地球に優しい生活へ

おりもの用のライナー

意外と、毎回使い捨てのものを買っている人も多いのではないでしょうか?

そこで、布製の何回も使える布ライナーを手作りしてみませんか?

布ナプキンを使うのはハードルが高いけど、これなら始められるかも。

手縫いでも作れてとても簡単。

市販の使い捨てのシートより、体に優しい。

手作り布ライナーで、地球に優しいエコな温活しませんか?

 

  

かわいい柄で作れば、毎日選ぶのが楽しくなりますよ。

作り方はこちら↓ A4サイズ。コピー、転載しまくってください。

ライナーの作り方

 

型紙はこちら↓ A4サイズ。「実際のサイズ」で印刷してください。コピー、転載OK。

布ライナー型紙A4

 

手縫いのイベントなどでぜひお使いください・

 

アロマワックスの作り方

 「自然の恵みフェスタ2017」では、アロマワックスのワークショップを行いました。
 こちらのページでは、同フェスタで作ったアロマワックスの作り方をご紹介します。

アロマワックスとは

 ワックスとは蝋のことです。溶かして芯を入れて固めたら、ロウソクになります。お仏壇のロウソクなどで小さくなったものを集めて、それらを溶かしたものでも作る事ができます。
 アロマワックスは、ほんのり香る芳香剤のようなものです。

用意するもの

道具

①IHヒーター
②耐熱瓶(使用済みのトマトソースの瓶など、深めで間口が狭くないものが良い)
③鍋(耐熱瓶を湯煎できる深さ、大きさのもの)
④計り(キッチンスケール)
⑤型(今回はお弁当用おかずカップを使用)

材料(※同フェスタで使用した量です)

①蜜蝋(蜂蜜を取った後の巣から取れる蝋)・・・1つあたり10グラム使用


②ソイワックス(大豆を原料にした蝋)  ・・・1つあたり15グラム使用


③精油(混ざり物が無い、100%植物から抽出されたもの)・・・1つあたり10滴使用

④ドライフラワー・・・適量

その他、色は蜜蝋クレヨンで付けました。
紐で吊したい場合は、ストローを用意します。

作り方

(1)鍋にお湯を沸かし、耐熱瓶で蜜蝋とソイワックスを混ぜたものを溶かす

(2)ドライフラワーの配置はイメージしておく

(3)溶かした所に精油を入れてよく混ぜる

※湯煎したまま精油を入れてしまうと、香りが飛んでしまいますので、お湯から出してから入れてください。

(4)型に流し込む

(5)固まる前にドライフラワーを配置する

※蝋が固まり始めて、周りに膜が張ってきた頃がドライフラワーの置き時です。固まる前の液体の状態でドライフラワーを置くと、蝋の中に沈んでドライフラワーが見えなくなってしまいますのでご注意ください。

(6)固まったら完成

世界に一つだけ!自分だけのマイ箸を作ろう!

 

環境への配慮から、外出先で割り箸を使わずに、持参したマイ箸を使う方が増えています。

でもせっかくだったら、ちょっと一手間かけて、自分だけのオリジナルのマイ箸を作ってみてはいかがでしょうか?

箸を作る時間も、それを使って食事をする時間も、あなたの心をより豊かなものにしてくれるはずです。

 

 

◆準備するもの

小刀(カッターでも可)

乾性油(ひまわり、紅花など)

 

◆作り方

(1)枝を集める。

コナラ、カシ、シイなどの木が適している。ウルシなど、触るとかぶれる木もあるので、十分注意する。

生木から分けてもらうのが良い。落ちている枝の中には、必ず小さな虫がいるので注意。

14680711_1036649773114513_6124184340838041949_n

 

(2)枝を選ぶ。

なるべく真っ直ぐな枝を選ぶ。枝分かれしているところは剪定バサミなどを使ってキレイに整える。

14591585_1036649753114515_3869111301919350298_n

(3)枝を削る。

先端に向けて徐々に細くなっていくように削っていく(皮は残しても良い)

14650491_1036649829781174_7191583548742999910_n

14666028_1036649799781177_438608073070435199_n

(4)煮沸消毒をする。

弱火〜中火で10分程度煮沸する。

 

(5)乾性油を塗る。

ひまわり、紅花などの乾性油を塗って完成!

14720537_1036649816447842_3682856923249579783_n

新聞紙でつくるエコバッグ

新聞紙で簡単に作れるエコバッグ

%e5%ae%8c%e6%88%90

◆用意するもの

新聞紙3枚(本体部分で2枚、持ち手で1枚)

のり

はさみ

 

◆作り方

(1)完成した時に外側に見せたい方を下にして、2枚重ねて広げる。

※1枚でも良いが、2枚重ねた方が、丈夫なバッグに仕上がる。

%e6%9c%ac%e4%bd%93%ef%bc%91

 

(2)日付の下の線(1.5㎝程度)を谷折りにする。

※このとき2回折り返すと、強度が増します。

%e6%9c%ac%e4%bd%93%ef%bc%93

 

(3)(2)の折り目まで、新聞紙の下半分を引き上げ、谷折りにする。

%e6%9c%ac%e4%bd%93%ef%bc%94-2

 

(4)(2)で谷折りした部分に、のりをつける。

%e6%9c%ac%e4%bd%93%ef%bc%95

 

(5)(4)で糊付けした部分を谷折りして、貼り合わせる。

%e6%9c%ac%e4%bd%93%ef%bc%94

 

(6)左右を折って中央で重ね、一方の輪のなかに、もう一方を20㎝程度差し込む。

%e6%9c%ac%e4%bd%93%ef%bc%96

 

(7)ゆがまないように整え、差し込んだ部分をのりづけして貼り合わせる。

%e6%9c%ac%e4%bd%93%ef%bc%96-2

 

(8)左右の折り目を、しっかりとつける。

%e6%9c%ac%e4%bd%93%ef%bc%98

 

(9)下半分を、上に折り返して、谷折りにする。

%e6%9c%ac%e4%bd%93%ef%bc%99

 

(11)折り返した上部の輪をひろげ、きれいな三角形になるように折る。

%e6%9c%ac%e4%bd%9310

 

(12)(11)の下部と上部を写真のように折り返して、折り目をしっかりつける。

14650727_1034008030045354_3996911937205090278_n

 

(12)一度広げて、折り返した時に重なる部分にのりをつける。

%e6%9c%ac%e4%bd%9311

 

(13)再び折り返して、貼り合わせる。

%e6%9c%ac%e4%bd%9313-2

 

(14)バッグ本体が完成。

%e6%9c%ac%e4%bd%9313

 

(15)開いた新聞紙(1枚分)を、写真のようにハサミで切る。

%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%89%8b%ef%bc%91

 

(16)大きい方の新聞紙の端を、直角二等辺三角形になるように折り返す。

%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%89%8b%ef%bc%92

 

(17)折り返した部分を、さらに5mmほど折る。

%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%89%8b%ef%bc%92-2

 

(18)(17)で折り返した部分から、くるくると巻いていき、最後に糊付けをして固定する

%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%89%8b%ef%bc%93

 

(19)同じ手順で、2本ひもを作る。

14695483_1034008200045337_8045248579124893963_n

 

(20)小さいほうの新聞紙の下半分を折り返す。

0014717139_1034008430045314_5889472463211538018_n

 

(21)折り返した間に、ひもをUの字にして差し込む。

%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%89%8b%ef%bc%95

 

(22)のりで貼り合わせる。

%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%89%8b%ef%bc%95-2

 

(23)同じ手順でもう一つ作る。

%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%89%8b%ef%bc%95-3

 

(24)写真のように、全面にしっかりとのりをつける。

%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%89%8b%ef%bc%96

 

(25)本体の内側に、中心部分を合わせながら、1.5㎝ほど下部に貼り合わせる。

%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%89%8b%ef%bc%97

 

(26)完成!

%e5%ae%8c%e6%88%90

つくる、祈る、日々の生活 No.3

rensai-banner-01

ナチュラルな生地を使ってかっこいいものを作る

気ままに裁縫を楽しんでいた私が、職場のイベントがきっかけで、
「材料が環境に配慮したものであるか」を考えるようになった。

すると普段の買い物をする目も変わっていく。
安さだけを求めず、より自然に溶け込むものを。

誰も不幸にしないものを作りたい。
それが最高におしゃれでカッコよければ、少しだけ世界が変えられるかもしれない。
そんなことも思い描きながら、夢は広がる。

話は変わって、私は普段、雑貨屋を巡るのが大好き。
こだわりの雑貨やディスプレイなどは、心がときめいて、ワクワクして、いくら見ても飽きない。
同時に創作意欲をかき立てられる。「次はこんなのを作ろうかな」

そうそう、全てはここから始まると思う。
大切なのは「作るって楽しい! なんかワクワクする!」という気持ち。
好きな音楽を聴くように、綺麗な景色を写真に収めるように、素敵な何かを作ってみませんか?

(岡田香利・SNIクラフト倶楽部)


手縫いでOK!ハギレでふりふりガーランド

kraft2
窓枠や壁を華やかにしてくれるガーランド。ハギレで簡単に作れます

◇作り方◇

①ハギレを3×11㎝に切ります。リボンなどの好きなひもを使います。今回は麻ひもを使用
①ハギレを3×11㎝に切ります。リボンなどの好きなひもを使います。今回は麻ひもを使用
②布を半分に折り間にひもを通しその下を縫います。好きな長さになるまで続けます。その後、裾をはさみで好きな形にカットして完成!
②布を半分に折り間にひもを通しその下を縫います。好きな長さになるまで続けます。その後、裾をはさみで好きな形にカットして完成!

 

 

 

 

 

 

 

 

rensai-banner-01

白鳩誌No.78 9月号より