オーガニック菜園に取り組んでいる生長の家の組織会員のサイトです

2018.04.09ハーブガーデンに石畳みをつくる

 

こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の松尾です。

 

 

八ヶ岳南麓、標高1,300メートルに位置するハーブガーデンは、

3月下旬は、まだ雪の中でした。。。。

 

 

29496577_1664851100262502_2664420440898886416_n

 

 

それでも、少しずつあたたかくなってきて、

4月には、雪もすっかり溶けました。

 

昨年にスタートしたガーデンですが、

今年の6月には、2回目の植え付けを予定しています。

 

ハーブガーデンプロジェクトチームでは、

植え付けに向けてガーデンの整備に取り組むことにしました。

 

その中で、「やろう」となったアイデアが、

「通路づくり」でした。

 

 

 

◇通路を手作り

 

 

これまでは、通路がなく、ガーデン内を歩きにくく、

植栽の境界も曖昧だったので、

通路をつくることで決定しました。

 

そこで、問題になったのが、

「どうやって作るのか?」でした。

木材チップを敷くという案もありましたが、

ガスが発生するということもあり、

「石」を敷くことにしました。

 

次に問題になったのが、

「どんな石を敷くのか?」でした。

 

まずは、インターネットを使用して、

売っている石や販売業者を調べました。

 

しかしながら、輸入のものだったり、

人工的なものだったり、高価すぎるものだったり、

ガーデンのコンセプトに合うものが

なかなか見つかりませんでした。

 

 

◇森を散策してみたら・・・

 

 

そこで、ハーブガーデンのある

「“森の中のオフィス”内の石を使ってはどうか?」

という案があがりました。

 

私は早速、オフィス内を散策しました。

 

すると、今までは気づきませんでしたが、

ちょうどいい石が沢山転がっていたのです!

 

29249340_1658450527569226_5527573711101624320_o

 

 

敷地内の石を使用することが決まり、

オフィス勤務のSNIオーガニック菜園部のメンバーで、

通路づくりのミニイベントを開催しました♪

皆で力を合わせて、手作業で少しずつ形にしました。

 

 

29695042_1672441879503424_6530050135112691518_n

 

 

 

29572624_1672442146170064_1673765152646671580_n

 

形になった通路を眺めてみると、

すごく周囲の景色にとけこんでいて、

素敵だなという印象でした。

 

また、手作りの通路を歩くときは、

喜びもひとしおです。

 

身近にあるものを使用し、

仲間の力を合わせて、

ハーブガーデンに、またひとつの、

新たな魅力が加わりました。

 

29572323_1672442029503409_6622022171496594633_n

 

 
 

6月の「植え付け」がますます楽しみです。

 

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 松尾 憲作)

 


ページトップへ