オーガニック菜園に取り組んでいる生長の家の組織会員のサイトです

2018.09.26小学生と中学生の家庭菜園~花ちゃんと大ちゃんの野菜作り~♪

 

こんにちは、オーガニック菜園部の源明子です。

かなり遅くなってしまいましたが、夏休みの課題提出です。ほほほっ(笑)

 

 

 

◇小学生と中学生のオーガニック家庭菜園~

 

小学6年生のお子さんを持つ同僚から、息子さんの同級生のお子さんがお友達と菜園作りをやっていると聞いたことがきっかけでした。小学生、しかも“お手伝い”ではなく、自らが野菜作りに励んでいると!耳を疑いました。即座に、会いたい!(取材したい!)と思いました。

 

どんな子たちなんだろう?どのタイミングで取材しよう?想像がどんどん膨らみ、ワクワクが止まりませんでした。

 

それから数日後、このお子様たちの正体がわかり、地元の婦人部やイベントで顔を合わせるお母さんの息子さんの大ちゃんとそのお友達の花ちゃんでした。花ちゃんのお母さんは野草のプロフェッショナルで、ワークショップ等でいつもお世話になっているお友達でした。

 

聞くところ、なんとふたりは、借りた畑で、大人の手を借りずに、無農薬で化学肥料をも使わずに野菜を作っているというのです

 

 

◇いざ、こどもマルシェに!!

 

そしていよいよ取材のチャンスが!!!Facebookで子供マルシェが開催され、ふたりが自分たちで作った野菜を販売したことをお母さんが紹介され、翌日は花ちゃんの手作り菓子が販売されると聞いたので、このチャンスを逃してはいけない!と思い、まずはふたりに会いに行くことにしました。

 

 

会場に早めに到着、そしていちばんに店頭に行きご挨拶しました。優しい笑顔のふたりがそこにいて、早速、自分たちで育てたバジルで作った大ちゃんの手作りバジルソースと花ちゃんのクッキー3種類とチョコカップケーキを、手作りの看板や値札といっしょに早速ならべてくれました。小学生と中学生の子供たちが自分たちで一生懸命作ったというだけで、愛おしく感動します!数少ない貴重な商品なので、買い占めたい心をぐっと押さえ、それでも全種類の商品を購入させていただきました。

 

 

バジルソースには原材料や保存方法も記載された詳細がついていました。段ボールの手作り看板には、「バジルソース 畑のバジルでつくりました(無農薬です!)」と書かれてありました。値札は、知人から譲ってもらった木の端材を使っていました。何から何まで手作りで、心がこもっています。取材する前から感動の連続でした。。。

 

 

 

野菜は前日のマルシェで販売されており、段ボールの看板には、「さいた農園 農薬をつかわないでつくりました。。。」さらに、「自家製のなたねかすでつくった液肥をつくってあげています。(くわしくは店長まで)」と書かれています!!むむむむ、この子たちスゴイ!!!

 

 

 

 

早速取材交渉し、翌日の朝6時に、最寄り駅で待ち合わせることにしました。「6時、大丈夫?早くない?」と確認したところ、夏休みは朝4時くらいから、畑にいっていることが多いという。。。。笑、お、お、お、驚きです!!無事に交渉成立、明日が楽しみです。

 

 

To be continued(次回へ続く。。。)

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 源 明子)


ページトップへ