オーガニック菜園に取り組んでいる生長の家の組織会員のサイトです

2018.06.01日野水牧場とじゃがいもの育て方

こんにちは。オーガニック菜園部事務局員の小池知嘉子です。

 

◇レストラン併設の牧場

 

国際本部から少し下った場所にレストランを併設した「日野水牧場」があります。

窓から見える斜面には小さな草原が広がり、とても広々として気持ちがいい所です。こちらでは羊が2頭いますが、刈った羊の毛で帽子などの手作り品を販売されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同僚の話ではオーナーはキノコの種類にも詳しく、キノコの見分け方や採れた野菜を近所に配る時のマナーなど親切に教えて下さるそうです。

こちらのメニューにある手作りプリンは大きく味も濃厚で美味しいですよ。

 

 

 

 

◇八ヶ岳に合う植え方

 

昨年は牧場のオーナーにじゃがいもの植え方を教わった通り植えたら、なんと!

前年よりかなりたくさん収穫できたと大喜びでした。

私も職場で行っている自然活動(自然と共に伸びる活動)でじゃがいもの収穫に参加することができました。

 


ここ八ヶ岳の気候にあう植え方は、種いもの芽2つか3つ着いているものを取り、土の中に指で押さえ込むように入れていきます。12㎝から13㎝の長さに成長したら茎がかくれるように土をかぶせます。この作業を2度行います。かぶせた土の中で沢山のじゃがいもが育つためです。雨が少ない方がいいそうです。

 

夏野菜でも水分を必要とするナス、水やりをこまめにしなくても育つじゃがいものように育て方にもそれぞれ個性があっておもしろいと改めて感じました。

 

寮の畑でも今年はキタアカリの他にアンデスレッドを植えました。これからの成長が楽しみです。

 

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 小池知嘉子)


ページトップへ