オーガニック菜園に取り組んでいる生長の家の組織会員のサイトです

わたしたちのめざすOrganic Lifestyle(オーガニックなライフスタイル)とは。。。


  ノーミートの食生活を心がけ、野菜や穀物については、有機農法によって自ら栽培することに挑戦し、それらを収穫し食すことで、地域と季節に即した自然の恵みの有難さを味わい、地域の人々とも共有するライフスタイルです。
  また、食材を購入する場合は、地産地消・旬産旬消を心がけ、フードマイレージの低いものを選び、化学肥料、農薬など、化石燃料由来のものをなるべく使わないものを選択することが、自らの健康のためだけでなく、環境や社会に配慮した、人にも自然環境にも優しいライフスタイルをめざしています。

2018.11.07自然に与え返す生き方とは?

 

 

こんにちは、SNIオーガニック菜園部長の小池聖明です。11月4日に函館市で開催された生長の家講演会に出講しました。

 

 

「自然に与え返す生き方とは?」がテーマで、人間が自然界から大いなる恵みをいただいていることを実感することが大切であるということをお話して、オーガニックの野菜作りやノーミート、“手作り”にチャレンジをすることが、化石燃料に頼らない自然に与え返す生き方につながることをお話しました。

 

 

●コンパニオンプランツで虫を除ける

 講話後の質疑応答の時に、一人の女性の方から「キャベツが苗の内に、葉のほとんどが虫に食べられてしまい、上手く育たないのですが、どうしたらよいでしょうか。」という質問がありました。

 すると、別の席に座っていた男性から「私は、キャベツと山わさびを混植しています。田舎に単身赴任した際に農家の方に教えていただきましたが、とっても良いですよ。全然農薬が要らないのです。」とのコメントがありました。

「山わさび」とは、本州にあるわさびとは違う種類で、北海道に自生しているわさびだということが後でわかりました。他の参加者でプランター栽培をしている女性は、野菜と一緒に虫よけとしてミントを植えているそうです。

これは、一般的に「コンパニオンプランツ」の働きの一つで、複数の作物を組み合わせることによって虫を除けることができるので、石油が由来の農薬の必要がなくなります。

自らの菜園からまずはオーガニックを実践。そこから少しずつでも地球に優しい方法で野菜を育てる仲間の輪が広がってくれたらいいなと思います。

 

 

●ノーミートでも身体は維持できる

また、若い男性の一人から「身体を維持していくのに、栄養がある野菜にはどんなものがありますか?」という質問がありました。私がノーミートの話をしたのですが、彼は、肉を食べなくては、体脂肪率が減り、筋肉も維持できないのではないかという不安があったようです。

そこで、わが家では育ち盛りの子供達が、野菜だけで健康に過ごしていることや、大豆が貴重なタンパク源となっていることや、プロのスポーツ選手でも、菜食中心の食生活で活躍している人もいることなどをお話しました。

ノーミートを生長の家が実践している理由には、動物の生命を尊ぶことのほか、大量の家畜を飼育するための飼料生産のために排出される温室効果ガスを減らしていきたいということがあげられます。しかし、それを具体的に生活の中で行うとなると、栄養的に大丈夫なのか?毎日続けていけるの?そもそも美味しいものが食べられるの?などと疑問が出てくる人もいることと思います。そういう意味でおたがいに語り合う機会があることは有り難いことだと思いました。

 化石燃料に依存しない、自然と共に生きる新しいライフスタイルとは何か?そして、具体的には何をしたら良いのか、これからもみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

 楽しい講演会の出張でした。12月は8日、9日と熊本の講演会にまいります。どんな出会いがあるか今からワクワクしています。

 

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 小池聖明)


2018.10.24エシカルライフの楽しさを~自然の恵みフェスタから

こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の水島です。

10月20、21の両日、職場の“森の中のオフィス”で、“生長の家自然の恵みフェスタ2018”が開かれました。

今年で5回目。自然の恵みに感謝を深めるイベントです。

 

◇快晴に賑わう

今回もイベントが多い中、地元の業者さんが出店し、お肉を使わない料理や素材にこだわったパンやお菓子などを販売してくださいました。

中には、このフェスタに向けて、クリームチーズを、地元の社会福祉法人が作る豆腐に替えて作った新商品のパンを販売してくださった店舗も。

快晴の下、多くの方が来場してくださり、賑わいました。

◇車麩の味噌カツバーガープレート

職場のメンバーは知恵を絞り、「車麩の味噌カツバーガープレート」を提供。

お肉は使わず、下味を工夫した車麩のカツ風のバーガーに、オニオンスープと人参のラペがついたプレートメニューです。

車麩は私にとっては思い入れのある食材。

人生の大半を肉ばかり食べて生きてきた夫が、NO MEAT(ノーミート)に目覚めたきっかけが、車麩のカツ風でした。当時の名言は「肉かどうかは問題じゃない。うまいかどうかが問題だ」。

今回の車麩の味噌カツバーガープレートも1時間余りで300食が完売しました。何となくいつも習慣で肉を食べているけれど、本当はなくてもいいかも、と思ってもらえるきっかけになれば、などと思います。

 

◇楽しく、エシカルライフを体験

”動物をできるだけ傷つけないように、環境にも負荷を与えないように、お肉は控えるんです。”

”土や生物を傷つけないように、農薬や化学肥料を使わないんです。”

・・・言葉を尽くして表現したとしても、伝わらない場合もあるでしょう。

むしろ、なんだか厳しくて大変そう、と思われるかも。

でも、イベントでお肉を使わない“ノーミート”の料理や、素材を厳選したお菓子やパンなどを実際に食べてみると、おいしい、楽しい、それに環境や他の生き物にやさしいと思うと心地いい-と心まで満たされます。

フェスタでは他に、自転車による登坂「天女山ヒルクライム」や、地球にやさしい素材によるクラフトの販売やワークショップも行われました。

エシカルってこういうことだったんだ!こういうライフスタイルっていいよね!と、フェスタに来られた方にそう思っていただけたらな、と思います。

出店してくださったみなさま、ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。(SNIオーガニック菜園部事務局、水島育子)

 

 


2018.10.19自然に謙虚に生きる

こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の水島育子です。

職場のある北杜市周辺の木々は、日々色づき、秋めいています。

 

 

◇これから必要な生き方

 

9月に発生した北海道の地震でライフラインや物流が止まる中、畑でとれた野菜を携帯コンロで天ぷらにしている方の投稿を見ました。この夏は災害が多発したこともあり、家庭菜園は、楽しい、豊かな趣味であるだけでなく、食糧の危機管理でもあるとあらためて思いました。

 

 

災害が起きたとき、私たちは、貨幣を軸とした都市型のライフスタイルがいかに脆弱(ぜいじゃく)かを思い知ります。無意識に水道の蛇口をひねり、電気や冷房のスイッチを入れ、時にはあまり意識せずに買ったものを食べている-そのような暮らしをいつの間にか当たり前に思ってしまい、それが揺らいだときに慌ててしまいます。

 

◇たくましさを生かす

 

でも野菜を育て、自分の手で調理することができれば、自然界の恵みを肌で感じ、人間に元々備わっているたくましさを生かすことができます。

 

地球温暖化とそれに伴う気候変動が予測される今だからこそ、自然の恩恵を謙虚に受け取り、自分の手で作り出す力をもつことが、必要な生き方だと感じています。

 

 

 

◇自然災害への取り組み

 

先日、私たちSNIオーガニック菜園部の活動に、自然災害への対応を加えることが決まりました。自然災害に対する備えの必要性を発信し、災害時には復興支援活動に取り組んでいきます。

 

 

地球にも他の国の人々にもやさしい食材の選択に取り組んでいる私たちなので、自然災害に対する備えにもその視点を持ちたいと思います。

 

 

災害の多発に伴って、非常食に関する情報や著作も多く見受けられますが、例えば社会問題になっているプラスチックごみをできるだけ出さないもの、地元の食材や家庭菜園の収穫物を生かしたものなど、私たちなりのアイディアを発信していきたいと思います。

 

 

また災害が発生したときに、被災地の方々のために何ができるかーそういうことも考え、できる準備をしていく考えです。

 

 

 

被災して途方に暮れた人々を新聞やテレビで見聞きするとき、私たちの心は痛みます。見知らぬ人であっても、人の心の深いところで、お互いを仲間だと思う気持ちがあるからです。動物や植物に対しても同じです。そんな心の深い部分の“声”に耳を傾けながら活動していきたいと思います。

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 水島育子)


2018.10.14オーガニックカフェ“ごぱん”の紹介

 

 

こんにちは。SNIオーガニック菜園部事務局の小池知嘉子です。

  昨年の秋、作成した八ヶ岳ノーミートマップに掲載されているフェ“ごぱん”さんについて紹介します。

 

 

◇植物性素材だけの身体にやさしいランチメニュー

 

 

 

八ヶ岳南麓(山梨県北杜市)にある生長の家国際本部から、少し下った場所にあるカフェ“ごぱん”は、木でできた小さなお店で、ご夫婦で経営されています。以前奥さまがヨガの合宿でマクロビの料理を作る手伝いに行かれた時、10日間続けてマクロビオティック*(マクロビ)の料理をいただいたことで体が驚くほど楽になり、身体だけでなく精神面にもいいと感じ、それからマクロビの食事に完全に切りかえたそうです。またこの自然豊かな八ヶ岳に訪れる観光客の方に菜食のおいしさを知ってほしいという思いで店を開くことになったそうてす。

 

*マクロビオティックとは玄米や雑穀、野菜、海藻などを主体に摂取する食事法のことです。

 

 


ランチは季節にあわせてメニューが変わります。

この日は、メインがそばの実のミンチカツ、なすの和え物、サラダ、玄米ごはんのランチセットをいただきました。とてもやさしい味で美味しくいただきました。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

他にも人気メニューの1つに、1日6食限定の土鍋カレーもあります。

日当たりのいいテラスもあります。

食材は植物性素材だけで作るため、食器を洗うときはアクリルたわしとお湯だけで汚れが落ちるので中性洗剤は使わずにすみ、環境面にもいいとのことでした。

 

 

 

◇その後の八ヶ岳ノーミートマップ

 

 

 

八ヶ岳ノーミートマップを完成させて約1年になります。掲載されているお店の店頭にマップを置かせていただいておりますが、事務局では、マップがなくなったころお店に出向き補充させていただきます。訪問した日、ごぱんさんからマップがすべてなくなったと伺い50部補充させていただきました。お店に訪れた方がマップに関心をもって下さっていることが分かり嬉しくなりました。

カフェ“ごぱん”さんは、今年も自然の恵みフェスタに出店して下さいます。

 

 

 

 

 

 

このノーミートマップを見て、お肉なしでも美味しい料理や食材がいただける店に少しでも多くの方が足を運んで下さり、身体や自然環境、倫理的にも弊害があると言われている肉の消費が減る傾向になるといいですね。

 

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 小池知嘉子)


2018.10.03PART2: 小学生と中学生の家庭菜園~花ちゃんと大ちゃんの野菜作り~♪

 

 

こんにちは、オーガニック菜園部の源明子です。

お待たせしました!!前回からの続きです。

 

 

8月20日(日)朝6時、長坂駅で、小学6年生の大ちゃんと中学1年生の花ちゃんと待ち合わせしました。当日、ふたりは手に細い竹を何本も持って駅で待っていてくれました。そして、ふたりの後についていざ畑に!!わくわく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のんびりと歩くこと約3分、家と家の間にある傾斜面にその畑はありました。畑にはいくつもの野菜が植えられていて、きゅうり、トマト、ピーマン、とうもろこし、枝豆、すいか、カボチャ、等々。立派に育っており、まずは驚きました!!早速、ふたりからお話を聞くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

◇農薬を使わず、肥料も手作りして~♪

 

 

野菜作りをはじめたのは大ちゃん、きっかけは知人にもらったり、ホームセンターで買ったスイカやほおずきの苗を自分で育てたことが楽しかったから。それがきっかけでもっとやってみたいという気持ちになり、野菜を作る場所がないかと担任の先生に相談したところ、先生のお宅の土地を提供してくださったようです。そして、スタート時は先生が一部機械を入れてくださったようです。先生のそういったサポートありがたいですね。。。しみじみ。。。

 

 

そのあとはほぼ自分の手で、いえいえ自分たちの手で。そうそう、大事な助っ人?相棒?がいます。同じ団地に住む中学1年生の花ちゃん。ふたりで楽しくわきあいあいとこの菜園作りに取り組んでいます。

 

 

トマト、落花生、ピーマン、インゲン、オクラ、バジル、イタリアンパセリ、スイカ、かぼちゃ、キュウリ、トウガラシ、サツマイモ、黒大豆、大根、人参、玉葱、葉物野菜色々、にんにく、これまで作った野菜はこんなに。。。

 

 

大ちゃんのお母さんともお話しましたが、大ちゃんちは農家さんではありません。大ちゃんは自分で野菜作りの本を図書館で借りたり、本屋さんで買ったりして、野菜作りのお勉強に熱心です。その内の1冊、「野菜作り大辞典」には、インデックスがびっしりついていました!!!また、ノートに書かれた菜園プランも見せてもらいました。。。はああああ、尊敬します!!私も菜園プランを書きたいなと思いながら、いつもいきあたりばったりで未だ実現してません。。。ほほほっ(笑)。さらに、肥料も米ぬかやなたねかすで、手作りしてみたとのこと。。。むむむ、すごい行動力です。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

畑を案内してくれながら、その場でトマトやきゅうりを食べさせてくれました。美味しかったなあ。。。。ふふふ。そして、もってきた竹は知人の方から譲ってもらったようです。そうやって支柱としての資材も自然素材のものを使う当たり、うーーーーーーん、すばらしい!!!

 

 

 

 

 

 

取材も終わって帰り際に、ふたりからお土産までいただいてしまいました。ああああ、うれしいいい。ふたりにお礼を言って帰路につきました。

 

 

 

 


◇「朝の畑仕事は気持ちがいい」「朝焼けがすごく綺麗なんだよー」

 

 

最近大ちゃんのママのFacebookには。。。

『 2学期が始まってからも、週に2、3回は「明日は5時集合!」と5時前に起きて畑へ行って、畝作りや種まき、収穫をしてくる。学校に間に合うのか、や きもきしながら待ってるけど、本人は口笛吹きながら帰って来て、「朝の畑仕事は気持ちがいい」「朝焼けがすごく綺麗なんだよー」と素敵なことを言う。』

 

 

すてき、すてき、すてきーーーー!!大ちゃん、はなちゃんの菜園作りは今も続いているよう。。。ふふふふ。

 

 

 

 

 

私たちひとりひとりが口にするものが、私たち個々の健康に影響するだけでなく、大きくは地球上の動物、生物を含めた自然環境に影響を与えています。現代において問題になっている地球温暖化等の気候変動の要因ともなっています。そのため、食生活”にフォーカスしているSNIオーガニック菜園部では、“農薬を使わない、”“化学肥料を使わない、”できるだけ自然な野菜作りを目指しています。最近では、さらにもう一歩、可能であれば、地球に優しい農業資材の利用もお勧めしています。今回取材させてもらったふたり、ふたりの野菜作りも、このコンセプトにぴったり!!!ふたりのように、人に地球に優しい野菜作りに興味をもってくれる子供たちがいることに、“未来は明るい!!”とうれしくならずにはいられませんでした!

 

 

最後にあらためて、今回の取材に快く応じてくれた大ちゃん、花ちゃん、そしてふたりのお母さんたち、ふたりを応援してくれている担任先生に心から感謝します。そしてふたりには、これからも楽しく野菜作りを続けていってほしいなと思います。ありがとうございました。

 

 


(SNIオーガニック菜園部事務局 源 明子)



ページトップへ