オーガニック菜園に取り組んでいる生長の家の組織会員のサイトです

わたしたちのめざすOrganic Lifestyle(オーガニックなライフスタイル)とは。。。


  ノーミートの食生活を心がけ、野菜や穀物については、有機農法によって自ら栽培することに挑戦し、それらを収穫し食すことで、地域と季節に即した自然の恵みの有難さを味わい、地域の人々とも共有するライフスタイルです。
  また、食材を購入する場合は、地産地消・旬産旬消を心がけ、フードマイレージの低いものを選び、化学肥料、農薬など、化石燃料由来のものをなるべく使わないものを選択することが、自らの健康のためだけでなく、環境や社会に配慮した、人にも自然環境にも優しいライフスタイルをめざしています。

2019.05.18歩いて数分で、山菜採取

 

こんにちは。オーガニック菜園部事務局員の柿本隆平です。

 

 

◇手間いらずの有機野菜

 

わたしは、家庭菜園を始めて5年以上たちますが、毎年色々な野菜を植えて楽しんでいます。自分の畑で育てた野菜は、食卓からの距離でいうと一番近い地産地消、一番早い旬産旬消といえますね。また、有機栽培ということが、はっきりしていますので、安心安全といえます。

さて、皆さんは、山菜採りや、山菜料理をしたことはありますでしょうか?

わたしは、以前、温泉旅館で山菜料理を提供していた経験があり、いまでも、よく家庭で山菜料理をしています。山菜は、見方を変えると、より身近な地産地消、旬産旬消、有機の食材といえます。野菜を育てるのは、自信が無いという方や、野菜を育てるスペースが無いという方にも、手軽に自然の魅力を味わう一歩として山菜料理はおすすめですが、料理する際に注意していただきたい点があります。山菜の種類の中には、毒性の成分を含んでいる植物と似ているものがあり、はっきり識別できないものを採取しない事や、知識のある人と一緒に採取するなどして、誤食やかぶれ(うるし等による)などに気をつけてください。

 

◇実は身近にも

 

山菜というと、山奥に分け入って、苦労して採ってくるというイメージをもたれている方も多いのではないでしょうか?ですが、山菜の種類の中では、身近にあるものもあります。「ツクシ」や「ヨモギ」、「たんぽぽ」がそうですね。今回は、なじみの薄い山菜ですが、「カラスノエンドウ」という山菜を皆さんにご紹介します。

 

「カラスノエンドウ」は、豆科の植物で、4月~5月の柔らかい新芽を指でつまんで採取します。住宅の近くや道ばたに、よく群生していますので、場所によっては、自宅から歩いて数分で、一度に沢山採取することが出来、お得です。山菜というと、苦みや、えぐみが強いものもありますが、これは、くせが無く特有の香りや風味があり、お子さんにもおすすめです。

 

 

 

 

◇ごはんのおかずにお勧め

 

調理も簡単で、下処理もなく、流水で洗うだけですぐ調理できます。おすすめの調理法は、油炒めです。生の状態で2分~3分炒めてから、みりんと醤油で味付けするだけで、ご飯のおかずに良く合いますし、またおにぎりの具として、細かくきざんで、混ぜ込んでも美味しくいただけます。

 

 

 

 

わたしは、山菜を通して、自然とのつながりを感じています。若々しい緑の色、日々変わる姿、味わうことで感じる香り、そうした活き活きとした存在感から、「命として自分と一緒なんだな」と思えたり、「同じ自然の中で活かされている仲間なんだな」と思えるのです。

 

皆さんも自然と直接ふれあう事ができる、山菜採取・山菜料理にチャレンジしてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 柿本 隆平)


2019.05.08イベント【春のノーミート手作り弁当を募集】を開催して

 

 

こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の小池知嘉子です。

 

SNIオーガニック菜園部では、地球温暖化を抑制するための取り組みの一環として自然と共存する生き方を勧めています。具体的にはノーミート、地産地消、旬産旬消を取り入れた食生活の実践です。 

 

先月の初旬に開催した“春のノーミート手作り弁当”では、①ノーミートで作る②旬の食材で③可能な範囲で地産地消 の3つを条件に募集いたしましたが、たくさんの方が積極的にご参加下さり、充実したすばらしいイベントとなりました。

 

皆さんがアップして下さる写真を見て、ノーミートでありながらも、一手間かけることで彩りある自然の恵みが感じられるステキなお弁当を作ることが出来るのだと改めて感じました。

 

 参加者からもお弁当作りを通して「彩りを考えて作ることができて良かった」「旬の食材には何があるかを考えるきっかけになった」などの感想をいただきました。

 

 投稿して下さった写真の中からいくつか事務局で選ばせていただき、写真をアップしましたので是非ご覧下さい。

 

新しいレシピに挑戦することでメニューが増え、よりお弁当作りが楽しくなると思います。

 

今後も色々なかたちでイベントを開催する予定ですのでお気軽にご参加下さい。

 

続きを読む…


2019.04.23「簡単でいい、手作りがいい」

 

◇質のよさに満たされる

 

 

こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の水島です。

 

 

先日、あるオーガニックレストランの店主がご自身のSNSに次のような意味のことを書かれていました。

 

“子どもの頃、決して裕福な家庭ではなかったけれど、母の手作りの味噌で作る味噌汁と、新潟の祖父から届く米があって、不足を思ったことはなかった”

 

質のよい食材で、丁寧に作った食事はたとえ品数が少なくても、十分心も体も満足させてくれる、そんな風に私は受け取りました。その店主の一流の腕前も、子どもの頃から本物に触れてきたことと無縁ではないかもしれない、と思いました。

 

 

 

◇働く女性は忙しいけれど

 

 

多くの女性が結婚しても働き続けるようになりました。最近では、忙しいのに女性だけが仕事も家事もすべて担って大変であるということから、既製の食事を肯定する論調の記事もしばしば見かけます。

 

もちろん働く母親だけがすべての家事を担う必要はなく、子どもであってもできることをやったらいいし、それが自立につながると私は思いますが、食事は簡単でも手作りがいい、と思うのです。

 

 

 

◇健康と環境に影響

 

 

スーパーにはたくさんのパック入りの総菜やレトルトなどが並びます。しかし保存のための添加物等を含み、“安心・安全”とは言いがたいものです。その上、大半が使い捨て容器に入っていますから、食べ続ければゴミを増やす、ということにもなります。

 

日本が経済的に成長する中で、たくさんのお皿が食卓に並ぶことが豊かであると多くの人が信じてきた、あるいは消費を喚起するために信じ込まされてきたように思います。便利で効率的なことは良いことだとも。
でも、健康や環境にマイナスなものは本当に豊かなことではないのではないでしょうか。

 

 

 

◇出張にも手作りで

 

 

同僚が出張に行くときに、いつも簡単なお弁当を持って行きます。直売所の手作りパンにゆで卵を挟んで生野菜をつけたり、おにぎりに旬の野菜を1種類だけ茹でて付け合わせたり、ごく簡単なものです。SNSでその写真を見る度に、こんなライフスタイルがかっこいい、こんな生活が広がっていくといいな、と思います。

 

決して大変な思いをしなくていいから、簡単でも本物を使って、味わって食べる。今日もそんなごはんを選びたいと思います。

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 水島育子)


2019.04.01オーガニックコットンから学んだこと

 

 

 

みなさん、こんにちは。菜園部事務局の小池知嘉子です。

今回はオーガニックライフスタイルとして、オーガニックコットンについて学んだことを書かせていただきます。

 

◇オーガニックコットンとは

 

 

機会があって3月の下旬に、国際本部森の中のオフィス見学に見えたオーガニックライフスタイルに関心のある数名の方と本部職員による懇談会に菜園部員として参加させていただき、オーガニックコットンの会社の経営者の方からお話を伺うことができました。

 

その会社では、化学肥料を使わずに、自然の落ち葉などを有機肥料にして利用し、アブラムシがつきやすい綿花は化学製剤の代わりに、テントウムシの力を借りるなどして栽培するそうです。手間はかかっても地球環境や、人の健康を第一に考えて栽培するオーガニックコットンの存在を知り、自然と調和した生き方を目指す私たちと共感できて大変うれしく思いました。

 

 

 

写真①(コットン小冊子)

 

 

写真②(テントウムシの絵)

 

 

特にアメリカのある会社は、利益を第一に考えて遺伝子組み換えによる大量生産、化学肥料や除草剤を利用した栽培が当たり前のように行っているとの話しがあり、このことが地球環境の破壊につながるのだと理解しました。出来るだけ自然に負荷をかけないオーガニックコットンのような循環型農業が広まっていくことを願っています。

 

 

写真③(手ぬぐい)

 

 

 

◇私たちが目指すオーガニックライフスタイル

 

 

 

私たちが目指すオーガニックで無農薬の野菜を利用するなど、環境に配慮した食生活とともに、オーガニックコットンのような天然の衣類を着こなす生活もまたオシャレで素敵な生き方だと思いませんか。

買ったものは長く大切に使う、化学繊維を出来るだけ使わない、土に戻らない物は使わないことをお勧めしてくださり、私自身も生活の中に取り入れて実践していきたいと思います。

 

 

 

◇オフィスで採ったふきのとう

 

 

最近オフィスの敷地内で見つけた“ふきのとう”で天ぷらを作りました。寒さに負けず頑張って成長したふきのとうの姿が何とも愛おしく、有り難く感謝していただきました。 

 

 

 

写真④(石の間から出たふきのとう)

 

 

写真⑤(ふきのとうの天ぷら)

 

 

 

今年も野菜作りの季節がやってきました。沢山の無農薬野菜を育てていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

(SNI オーガニック菜園部事務局 小池知嘉子)


2019.03.26木や草を使って火を起こす

 

 

こんにちは、オーガニック菜園部長の小池聖明です。

 

 

気候変動による自然災害が頻発している昨今、その中で、私達が生き抜いていく知恵が求められています。その一環で、SNIオーガニック菜園部では、先日、緊急時の火の起こし方について、3月14日(木)に生長の家富士河口湖練成道場に学びに行きました。

 

 

 

 ◇木による摩擦熱を使った火起こし

 

 

 岩本悟総務と2名の職員の方が用意して下さっていたのは、こういう道具です。

 

 

一般的には「まい切り式火起こし器」というようです。何と、道場職員の手作りです。驚き!

使い古しの斧の柄で作った棒を、板に空けた穴の中に、擦りつけていきます。摩擦熱で次第に煙が出てきます。

 

 

 

穴の脇にある溝に着火を助けるための「よもぎ」の枯れ草を詰めます。世間一般でお灸に使われている「もぐさ」もよもぎだそうです。道場の庭にある枯れたよもぎを使いました。

 

 

 

わずかでも火種が出来れば、「火ふき竹」を使って、火種をよもぎに移しながら大きくしていきます。

ところが、今回は、煙は出たものの、完全に着火することができませんでした。残念!

 

 

 

 

◇松ヤニを利用した火起こし

 また、板にする台に、松の木を使う方法も教わりました。松の枝を使う場合は、松ヤニが含まれている飴色の箇所を探して、そこに穴を開けて同様に棒で摩擦熱を加えると火が起こりやすいそうです。昔の人は、このような火がつきやすい枝を探して、松明(たいまつ)にしていたようです。

 

 

 そこで、松の木の枝に穴を空けて、火起こしを試みましたが、こちらも着火までには至りませんでした。

 

 

しかし、元々自然界に存在する木や草を使って着火が出来ることがわかりましたので、次回は、それを私達の生活にどのように活かせるのか、引き続き、検討していきたいと思います。

 

 

 

余談ですが、最後に試みたのは、虫眼鏡で太陽光を1点に集めて火をおこし、麻ひもをほどいたものに火だねを移すという方法です。あっという間に、焚き火ができるほどの“火”となりました。簡単ですが、小学生の時にならった理科の実験が役に立ちます。太陽光があれば、いたってシンプルな着火方法です。

 

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局、小池聖明)



ページトップへ