オーガニック菜園に取り組んでいる生長の家の組織会員のサイトです

わたしたちのめざすOrganic Lifestyle(オーガニックなライフスタイル)とは。。。


  ノーミートの食生活を心がけ、野菜や穀物については、有機農法によって自ら栽培することに挑戦し、それらを収穫し食すことで、地域と季節に即した自然の恵みの有難さを味わい、地域の人々とも共有するライフスタイルです。
  また、食材を購入する場合は、地産地消・旬産旬消を心がけ、フードマイレージの低いものを選び、化学肥料、農薬など、化石燃料由来のものをなるべく使わないものを選択することが、自らの健康のためだけでなく、環境や社会に配慮した、人にも自然環境にも優しいライフスタイルをめざしています。

2018.07.16脱プラスチックを目指して

脱プラスチックを目指して

 

こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の水島です。

西日本豪雨で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、被災された方々が一刻も早く、穏やかな生活を取り戻されますよう祈念いたします。

今回のような自然災害は、地球温暖化とそれに伴う気候変動に関係すると考える私たちは、それらを招いているライフスタイルを変えるために、さらに行動していきたいと思います。

さて、今日は農業資材の話題です。

 

◇さて有機栽培!で、プラスチック資材?

さて菜園を始めるぞ、というときに、ホームセンターに行って資材を買う。それはプラスチック製の支柱だったりプランターだったり。そのことにずっと違和感がありました。

私たちは化石燃料に由来する農薬や化学肥料を使わない選択を勧めていますが、それで石油由来の資材を新しく買うというのは?

使ってはいけない、というつもりはないのですが、世界は「脱プラスチック」の流れにあります。それを認識した選択が必要だと思うのです。

 

◇世界はすでに

欧州連合(EU)は2018年5月、ストローなどに使い捨てプラスチックを禁じる規制案を加盟国に示しました。それに先立つ昨年、世界のプラスチックごみを受け入れ、処理してきた中国が、国内の環境問題に配慮し、輸入を禁じています。フランスではプラスチック製の使い捨て容器や食器を禁止する法律ができて、2020年から施行されます。

理由は大きく、環境と資源の2つです。

東京農工大の高田秀重教授によれば、世界では1年間に*3億トンのプラスチックが生産されているとされ、これは石油産出量の8%に相当します。またプラスチックのうち、特に容器や包装などの使い捨てプラスチックは、投棄されたり、処理の過程で風に飛ばされたりして、最終的に1年間に約800万トンが海に流れ込んでいると推定されるということ。できるだけプラスチックを避ける、というのが世界の流れです。

 

◇代わりに何を?

さて、家庭菜園ではどんな形でプラスチック製品をできるだけ避ける選択ができるでしょうか。草マルチ、竹の支柱、竹プランター。

いろいろなアイディアがありそうです。

決してプラスチックを使ってはいけない!ということではなく、私も今あるものは大切に使おうと思っています。

菜園活動に足りないものがあったらホームセンターへすぐ走る、という行動の前に、少し考えて選択ができれば、と思います。

今年は人から譲り受けた竹の支柱をきゅうりに使っています。

なんだかこの方がしっくりくる、とますます畑が愛しく思えています。

                    

 

http://pelletwatch.jp/micro/(2018年7月12日アクセス)

参考 http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/18/053000010/053000001/(2018年7月12日アクセス)

http://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201609_08.pdf(2018年7月12日アクセス)

 

写真説明;人から譲り受けた竹の支柱と使わなくなったネットを活用

 

 

 

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 水島育子)

 


2018.07.02忙しい日も自然は営む

 

こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の水島です。

 

ここのところ、菜園部事務局は何かと慌ただしく、ブログの更新も遅れ気味でした^^;。

 

 

◇バジル醤油がいい仕事!

 

最近、わが家の食卓で人気だったのは、職場の先輩にもらったルッコラのサラダです。

先輩が昨年育てたルッコラが今年もわさわさ育ったらしく、何度も「お福分け」にあずかりました。

写真は、発芽玄米の酒粕を揚げてトッピングしたサラダ。

発芽玄米の酒粕は、米粒状なので揚げやすく、チーズのような風味になります。

ドレッシングは、バジル醤油。バジルの葉を醤油につけておき、酢、若干のりんごジュース、なたね油と混ぜたものです。漬けておいたバジルも刻んで投入しました。バジル醤油は、思いがけず醤油が深みのある味となり、いろいろ使い勝手がよさそうです。

 

 

 

 

◇大きな力の営み

どっさりのルッコラを手にすると、人間が「忙しい」と走り回っている間も、自然は変わらず、静かに営みを続けている、と感じます。自分でわずかながらも野菜作りをしていると、自然界に大きな力が働いているのを実感するのです。

 

 

 

◇「スキマ時間」で

 

少し以前に家庭菜園や物づくりに日常的に取り組んでいる4人のお子さんの子育て中のお母さんにインタビューをしました。「植えつけのときは少し手間がかかるけれど、後は大地の神様にお任せ」「お世話はスキマ時間で!」という言葉に、激しく共感しました。

その通り。植え付けの時には少し時間がかかりますが、後は自然の力で大きくなっていくのです。支柱を立てたり、芽かきをしたり、草取りをしたり、多少のお世話は休日に30分、あるいは少し早く帰宅した日に10分、15分といった時間を使えば何とかなります。

夫が月に2度ばかり出張し、*ワンオペの期間はイライラすることもありますが(!)、そういうときこそ畑に出ると(場合によっては子どもも連れ出すと)心が落ち着きます。

 

*ワンオペレーション、元々は飲食店などの店舗を一人で回している状態などのこと。ここではそこから派生し、パートナー不在で一人で育児をしていること

 

そんな大きな力が、自然界にはあるのだと思います。だから忙しい人にこそ、菜園ライフを勧めたいのです。

 

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局、水島育子)

 

 


2018.06.01日野水牧場とじゃがいもの育て方

こんにちは。オーガニック菜園部事務局員の小池知嘉子です。

 

◇レストラン併設の牧場

 

国際本部から少し下った場所にレストランを併設した「日野水牧場」があります。

窓から見える斜面には小さな草原が広がり、とても広々として気持ちがいい所です。こちらでは羊が2頭いますが、刈った羊の毛で帽子などの手作り品を販売されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同僚の話ではオーナーはキノコの種類にも詳しく、キノコの見分け方や採れた野菜を近所に配る時のマナーなど親切に教えて下さるそうです。

こちらのメニューにある手作りプリンは大きく味も濃厚で美味しいですよ。

 

 

 

 

◇八ヶ岳に合う植え方

 

昨年は牧場のオーナーにじゃがいもの植え方を教わった通り植えたら、なんと!

前年よりかなりたくさん収穫できたと大喜びでした。

私も職場で行っている自然活動(自然と共に伸びる活動)でじゃがいもの収穫に参加することができました。

 


ここ八ヶ岳の気候にあう植え方は、種いもの芽2つか3つ着いているものを取り、土の中に指で押さえ込むように入れていきます。12㎝から13㎝の長さに成長したら茎がかくれるように土をかぶせます。この作業を2度行います。かぶせた土の中で沢山のじゃがいもが育つためです。雨が少ない方がいいそうです。

 

夏野菜でも水分を必要とするナス、水やりをこまめにしなくても育つじゃがいものように育て方にもそれぞれ個性があっておもしろいと改めて感じました。

 

寮の畑でも今年はキタアカリの他にアンデスレッドを植えました。これからの成長が楽しみです。

 

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 小池知嘉子)


2018.05.22種をつなぐ野菜づくりに挑戦

 

 

こんにちは。オーガニック菜園部事務局員の柿本隆平です。

 

 

自家菜園をし始めて、4年目となりました。初めは畑の土も粘土質で耕すのも一苦労でしたが、落ち葉や枯れ草、炭、ぼかし肥料などを畑にすき込むことで、年々土が良くなってきました。

 

 

 

18/05/22 05:39:47

 

 

 

 

◇有機農業家に学ぶ

 

先日、オーガニック菜園部のミニイベント「有機栽培の畑山農場・畑山代表による畑 WORK SHOP」が行われました。

 

内容は、「今から始める夏野菜」固定種・種子法について」で、地元のプロの農家さんによるレクチャーを聞くことができ、また質問も活発に行われ、とても有意義な時間となりました。

 

 

 
33113895_10214695414953265_2982067029940371456_n
 
33216435_10214695415633282_3284069394820366336_n
 
 
 

 

この講座の最後に、レクチャーをしてくださった農家さんから、直接野菜の種や苗を購入する機会があり、何種類かの種や苗をわけていただきました。それらは、この農家さんが実際に育てた野菜から採取した種や、その種を育成させた苗です。

 
33338903_10214695414113244_1587398124232507392_n
 
 

 

▽それぞれの特徴を受け継いで

 

同じ野菜でも色々は品種があります。品種ごとに、大きさや味に特徴があったり、その地域の生育条件に適していたりと様々で、野菜が大きくなり、種ができたら、その特徴が受け継がれていくわけです。
また、品種のなかには、その地域で昔は良く作られていた特有の品種で、今では貴重なものもあります。

いままでわたしの菜園では、野菜の種や苗を購入して育てても、収穫をしたら、一年限りの野菜がほとんどでした。翌年はまた種や苗を購入していましたが、今年は、わたしも野菜がそだったら種を採取し、野菜の子孫をつないでいくことに挑戦したいとおもいます。

 

 

◇野菜を子どものように思って

 

今回、講座で農家さんから分けていただいた種には、育てた人の特別な思いがつまっていて、それぞれの種に個性や性格があります。それらの種をつなぐことで、野菜を自分の子供のように思えてくるようなきがします。実際の種取りは秋ぐらいになりそうですが、今からワクワクしてきます。

先日、種を蒔いたり、苗を植えたりしましたので、野菜の生育が楽しみです。

 

 
33154390_10214695415033267_6028115981530824704_n
 
 

(SNIオーガニック菜園部事務局 柿本隆平)


2018.05.08食レポ・ヴィーガンズカフェ&レストラン(京都)

 

 

◇焼き肉屋さんからヴィーガン(完全菜食主義者)に転身?!!

 

 

こんにちは、オーガニック菜園部の源明子です。

 

 

 生長の家の月刊誌『いのちの環』の最新号(2018年5月号)は、「食肉産業からの転身」という特集が組まれており、京都市伏見区にあるヴィーガンズカフェ&レストランが紹介されていました。

 

 

詳細は、コチラをクリック!!

 

いのちの環 No.98(5月号)自然と人との調和を目指す

http://www.hidokeilife.com/m/inochinowa/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc_%e7%84%bc%e8%82%89%e7%b9%81%e7%9b%9b%e5%ba%97%e3%82%92%e6%ad%a2%e3%82%81%e3%80%81%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%82%ba/

 

 

 “焼き肉屋さんからヴィーガン(完全菜食主義者)に転身”という衝撃的な内容でしたが、たいへん感動し共感を持ったこともあり、ちょうど4月末に京都で大きなイベントへの出張が決まっていましたので、これは良いタイミング!と、イベント終了後、スタッフのみなさんと早速行ってみることにしました。

 

続きを読む…



ページトップへ