オーガニック菜園に取り組んでいる生長の家の組織会員のサイトです

わたしたちのめざすOrganic Lifestyle(オーガニックなライフスタイル)とは。。。


  ノーミートの食生活を心がけ、野菜や穀物については、有機農法によって自ら栽培することに挑戦し、それらを収穫し食すことで、地域と季節に即した自然の恵みの有難さを味わい、地域の人々とも共有するライフスタイルです。
  また、食材を購入する場合は、地産地消・旬産旬消を心がけ、フードマイレージの低いものを選び、化学肥料、農薬など、化石燃料由来のものをなるべく使わないものを選択することが、自らの健康のためだけでなく、環境や社会に配慮した、人にも自然環境にも優しいライフスタイルをめざしています。

2018.05.22種をつなぐ野菜づくりに挑戦

 

 

こんにちは。オーガニック菜園部事務局員の柿本隆平です。

 

 

自家菜園をし始めて、4年目となりました。初めは畑の土も粘土質で耕すのも一苦労でしたが、落ち葉や枯れ草、炭、ぼかし肥料などを畑にすき込むことで、年々土が良くなってきました。

 

 

 

18/05/22 05:39:47

 

 

 

 

◇有機農業家に学ぶ

 

先日、オーガニック菜園部のミニイベント「有機栽培の畑山農場・畑山代表による畑 WORK SHOP」が行われました。

 

内容は、「今から始める夏野菜」固定種・種子法について」で、地元のプロの農家さんによるレクチャーを聞くことができ、また質問も活発に行われ、とても有意義な時間となりました。

 

 

 
33113895_10214695414953265_2982067029940371456_n
 
33216435_10214695415633282_3284069394820366336_n
 
 
 

 

この講座の最後に、レクチャーをしてくださった農家さんから、直接野菜の種や苗を購入する機会があり、何種類かの種や苗をわけていただきました。それらは、この農家さんが実際に育てた野菜から採取した種や、その種を育成させた苗です。

 
33338903_10214695414113244_1587398124232507392_n
 
 

 

▽それぞれの特徴を受け継いで

 

同じ野菜でも色々は品種があります。品種ごとに、大きさや味に特徴があったり、その地域の生育条件に適していたりと様々で、野菜が大きくなり、種ができたら、その特徴が受け継がれていくわけです。
また、品種のなかには、その地域で昔は良く作られていた特有の品種で、今では貴重なものもあります。

いままでわたしの菜園では、野菜の種や苗を購入して育てても、収穫をしたら、一年限りの野菜がほとんどでした。翌年はまた種や苗を購入していましたが、今年は、わたしも野菜がそだったら種を採取し、野菜の子孫をつないでいくことに挑戦したいとおもいます。

 

 

◇野菜を子どものように思って

 

今回、講座で農家さんから分けていただいた種には、育てた人の特別な思いがつまっていて、それぞれの種に個性や性格があります。それらの種をつなぐことで、野菜を自分の子供のように思えてくるようなきがします。実際の種取りは秋ぐらいになりそうですが、今からワクワクしてきます。

先日、種を蒔いたり、苗を植えたりしましたので、野菜の生育が楽しみです。

 

 
33154390_10214695415033267_6028115981530824704_n
 
 

(SNIオーガニック菜園部事務局 柿本隆平)


2018.05.08食レポ・ヴィーガンズカフェ&レストラン(京都)

 

 

◇焼き肉屋さんからヴィーガン(完全菜食主義者)に転身?!!

 

 

こんにちは、オーガニック菜園部の源明子です。

 

 

 生長の家の月刊誌『いのちの環』の最新号(2018年5月号)は、「食肉産業からの転身」という特集が組まれており、京都市伏見区にあるヴィーガンズカフェ&レストランが紹介されていました。

 

 

詳細は、コチラをクリック!!

 

いのちの環 No.98(5月号)自然と人との調和を目指す

http://www.hidokeilife.com/m/inochinowa/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc_%e7%84%bc%e8%82%89%e7%b9%81%e7%9b%9b%e5%ba%97%e3%82%92%e6%ad%a2%e3%82%81%e3%80%81%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%82%ba/

 

 

 “焼き肉屋さんからヴィーガン(完全菜食主義者)に転身”という衝撃的な内容でしたが、たいへん感動し共感を持ったこともあり、ちょうど4月末に京都で大きなイベントへの出張が決まっていましたので、これは良いタイミング!と、イベント終了後、スタッフのみなさんと早速行ってみることにしました。

 

 

 

 京阪の藤森駅の北口から降りて、徒歩5分ほどの住宅街の中にお店はありました。思ったより店内は広く、たくさんのお客様でにぎわっており、海外からのお客様もいらっしゃいました。店内には、こだわりのお野菜や加工品が販売されており、調味料は量り売りもされていました。わたしは個人的に、Vegans秘伝のベジカルビタレ(100gあたり\285)に非常に惹かれたのですが、要冷蔵ということで、その先にまだ大阪への出張が控えておりましたので、残念ながら今回はあきらめました。

 

 
31956584_10214591737161385_8593421959415463936_n
 
31946395_10214591736641372_8005140164328292352_n
 
 31956034_10214591735441342_993067142586826752_n
 
31946540_10214591731201236_3416585787490172928_n
 
 

 

◇100%植物性の食材のみ!!!野菜もぜんぶ農薬化学肥料不使用。

 

 早速、メニューを拝見しました。日英の2言語表記され、海外のお客様が特に多いのでしょう。お料理の詳細は、日本語ではなく英語で書かれていました。今回、私たちは炭火厚揚げ丼、豆乳味噌ラーメン、ピザにデザートをオーダーしました。もちろんひとりでは食べきれませんので、何人かでシェアしました!

 

 
31959837_10214591735801351_4589624064212992000_n
 

 

 

 ヴィーガンのお料理は薄味のイメージがありましたが、炭火厚揚げ丼は味もしっかりとついており、食べ応えのある男子受けしそうなパンチのある美味しさでした。わたしは海外アメリカの東海岸で暮らした経験があり、マクロビやヴィーガンの料理が普及しており、食べる機会も多かったのですが、どうしても味は素朴で、いかにも身体に良い薄味になっており、健康食品に関心のない人にとっては、あまりにも薄味で、やはり限られた人にしか受け入れられないのかもと感じていましたが、ヴィーガンズさんのお料理は、万人受けするとても美味しい味付けに工夫されています。

 

 
31950155_10214591733881303_8040640160678805504_n
 

 

 豆乳味噌ラーメンはまろやかで、お野菜もたっぷりで、何度もリピートしてしまいそうな、これまでとっても美味しかったです。そして、ピザ!これは、ほんとうに目を疑いますが、チーズは使われておりません。食べて二度びっくり、本当にチーズは入っていないのか信じられませんでした。。。笑。絶品です!!!ちょうど、季節メニューで“たけのこピザ”もありました!

 

 
31945123_10214591733121284_3924019646478417920_n
 

 

 既に、お腹は十分にみたされておりましたが、次はいつ来店できるかはわからないため、やはりデザートにも挑戦!!わたしはチョコレートケーキをいただきました。ケーキも美味しかったのですが、サイドについてきた、ミニソフトクリームは、な、な、なんと、牛乳も卵も砂糖も使っていないというから驚きです!!どれもこれもすべてたいへん美味しかったです。

 

 
31945169_10214591730721224_4614849171646578688_n
 

 

 

 また店内には、『こども食堂』のご案内の看板もあって、地域の子供達の孤食を減らし、他の子供達と一緒にご飯を食べることの楽しさを知ってほしいという強い想いから毎月第三木曜日に開催しておられようです。

 

 
31946444_10214591730801226_7564375910149783552_n
 
kodomosyokudo
 
 

 

◇自分たちの周囲から、そして自分たちの行動から

 

 

以下、月刊誌のインタビュー記事からの抜粋で、オーナーさんのお人柄がすごく感じられます。

 

 

“不思議なんですが、自分を客観的に見ている自分がいて、「なんで俺は、
泣いてるんやろ?これは俺が泣いてるんやない。動物たちが俺の体を通して
泣いてるんや」”

 

“私は、野菜にも心があると思っているんです。どんな環境や場所で、
どういう水で、どんな人が、どんな思いで作っているのか、
野菜は気持ちよく育っているかによって、同じ有機栽培、自然栽培
による野菜でも、全く違ったものになるんですよ。”

 

“何が本当の幸せなのかが分かりました。今は「食べていけるだけでいい」という思いですね”

 

 

 月刊誌の特集記事を読んだ感想等、オーナーさんにもお伝えしたかったのですが、現在、オーナーさんはお店を他の方にお任せして、奥様の郷里である石川県中能登に移住されて、現在は無農薬、無化学肥料、自然栽培の米作り、野菜作りをされているとのことでお話は直接うかがえませんでした。きっと、また新しい場所で、お米作りやお野菜づくりを通して、人にも動物にも地球にも優しい人々のネットワークがひろげていかれるのではと期待しています。

 

 

 私たちもSNIオーガニック菜園部の活動を通して、自らの健康のためだけでなく、環境や社会に配慮した、人にも自然環境にも優しいライフスタイルに、仲間と共に取り組んでいます。そんな“食を大事にする”人々が、日本や世界の各地で拡がっていくことを楽しみにしています。まずは、自分たちの周囲から、そして自分たちの行動から、初めの一歩、そして二歩、三歩と始めてみませんか?

 

 

 京都・ヴィーガンズカフェ&レストラン、おすすめします!よろしければ、お近くに来られた際には、お立ち寄り下さいませ~♪

 

 

京都・ヴィーガンズカフェ&レストラン:
https://www.veganscafe.com/
https://www.facebook.com/VegansCafeAndRestaurant/

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 源 明子)


2018.04.23自転車に乗り始めて、歯磨きと食べ物に気をつけようと思った話。


▽坂の多い町なれど


こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の水島です。

少し前に、自転車に乗り始めました。住んでいる場所には坂が多く、「歩いた方が楽」と思って、1年に数回ほどしか乗っていませんでした。しかし、一念発起して、職場でレンタサイクルの小径車を借りて帰り、通勤を試みました。

 
31113801_1463738230403104_127754751407292416_n


▽標高差600メートルを登りながら気付いたこと


住んでいる職場の寮から職場までは、約12キロ、標高差が600メートル超あります。この距離を歩いて通勤したこともあり、そのときは2時間半超かかりました。
小径車で半ば後悔しながら、坂、また坂を上りました。自然の中を走るのは確かに心地よいですが、それは私のような初心には、平地と下りと停止時のみ。そこそこ体力はある方だと思っていますが、これはなかなか大変な道。
それでもペダルを前へ、前へと漕いでいて湧き上がってきたのは、このカラダがあるってすごいことだな、という感情です。


▽「肉体は恵み」の実感


自宅と職場を通勤バスで往復する生活。現代の多くの、それも都会の人の暮らしがそうであるように、私の生活もカラダを思い切り使う、ということが、いつの間にか少なくなっていたんだと気付きました。へとへとでも、ペダルを漕げば、筋肉が動いて、登っていける不思議。「肉体は恵み」がようやく実感になりました。


▽そうだ、歯を丁寧に磨こう!


その日帰宅して、ふと思ったのは、歯を丁寧に磨こう、ということ。私の歯は、特に出産後、トラブル続きで、半ば諦めていたのですが、「肉体は恵み」という深い思いが、カラダを大切にしよう!という気持ちにつながりました。
同様に、カラダに入れるものも、本当によいものだけにしたい、と思いました。
今までも食材の選択には心がけてきましたが、カラダの隅々まで感謝の気持ちでよき食べ物を届けたい、と思うようになったのです。


▽思いを込めて種まき


そんなわけで、この春は今まで以上に思いを込めて、種まきの季節を迎えています。すでに畑にジャガイモとねぎを植え付けました。無農薬の野菜を販売する社会福祉法人で買ったポットのニラは、気に入っている鉢に植え替えてキッチンに置いています。できる範囲だけれど、今年も野菜を丁寧に育てて、自分や家族のカラダに届けたい―今まで以上に深くそう思えるようになったのは、自転車のお陰です。

 
 31123809_1463737780403149_2447775838507106304_n


(SNIオーガニック菜園部事務局 水島育子)


2018.04.09ハーブガーデンに石畳みをつくる

 

こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の松尾です。

 

 

八ヶ岳南麓、標高1,300メートルに位置するハーブガーデンは、

3月下旬は、まだ雪の中でした。。。。

 

 

29496577_1664851100262502_2664420440898886416_n

 

 

それでも、少しずつあたたかくなってきて、

4月には、雪もすっかり溶けました。

 

昨年にスタートしたガーデンですが、

今年の6月には、2回目の植え付けを予定しています。

 

ハーブガーデンプロジェクトチームでは、

植え付けに向けてガーデンの整備に取り組むことにしました。

 

その中で、「やろう」となったアイデアが、

「通路づくり」でした。

 

 

 

◇通路を手作り

 

 

これまでは、通路がなく、ガーデン内を歩きにくく、

植栽の境界も曖昧だったので、

通路をつくることで決定しました。

 

そこで、問題になったのが、

「どうやって作るのか?」でした。

木材チップを敷くという案もありましたが、

ガスが発生するということもあり、

「石」を敷くことにしました。

 

次に問題になったのが、

「どんな石を敷くのか?」でした。

 

まずは、インターネットを使用して、

売っている石や販売業者を調べました。

 

しかしながら、輸入のものだったり、

人工的なものだったり、高価すぎるものだったり、

ガーデンのコンセプトに合うものが

なかなか見つかりませんでした。

 

 

◇森を散策してみたら・・・

 

 

そこで、ハーブガーデンのある

「“森の中のオフィス”内の石を使ってはどうか?」

という案があがりました。

 

私は早速、オフィス内を散策しました。

 

すると、今までは気づきませんでしたが、

ちょうどいい石が沢山転がっていたのです!

 

29249340_1658450527569226_5527573711101624320_o

 

 

敷地内の石を使用することが決まり、

オフィス勤務のSNIオーガニック菜園部のメンバーで、

通路づくりのミニイベントを開催しました♪

皆で力を合わせて、手作業で少しずつ形にしました。

 

 

29695042_1672441879503424_6530050135112691518_n

 

 

 

29572624_1672442146170064_1673765152646671580_n

 

形になった通路を眺めてみると、

すごく周囲の景色にとけこんでいて、

素敵だなという印象でした。

 

また、手作りの通路を歩くときは、

喜びもひとしおです。

 

身近にあるものを使用し、

仲間の力を合わせて、

ハーブガーデンに、またひとつの、

新たな魅力が加わりました。

 

29572323_1672442029503409_6622022171496594633_n

 

 
 

6月の「植え付け」がますます楽しみです。

 

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 松尾 憲作)

 


2018.03.26自然の恵みを感じる手作りの食生活

こんにちは。
SNIオーガニック菜園部長の小池聖明です

 

 

◇自然の恵みをいただく

 

毎日、わが家では、昨年、私が地元の友達と育てた米を炊いて美味しくいただいています。昨年は夏の終わりから秋にかけて雨が多かったので、すこし収穫量が少なく、米1粒の大きさも多少小さく感じました。
自分で田植えをして、草取りをして、稲を刈るまでの一連の流れに関わることで、農業は気候の影響を受けるのものだということ、食品は自然界からいただく恵みなのだということを体感し、毎食毎に「いただきます」という言葉に感謝の気持ちがこもるようになりました。

 

また、わが家の味噌も、約1年前に有機大豆を使って仕込んだものを有り難くいただいています。

 

昨秋、実家の父が庭で育てたゆずをダンボール箱一杯に送ってきました。果汁をすべて絞って、ジュースとポン酢にしました。ポン酢は、昆布と鰹節、醤油と混ぜて、1週間ほど寝かせてから使用しましたが、3ヶ月経った頃から熟成して益々美味しくなりました。

 

家庭菜園のカブで作った漬け物もそうですが、作ってから少しずつ時間をかけて美味しくなる・・、自然の力のなせる業に感動しています。

 

 自分で野菜をつくること、加工食品を作ること、どちらも、私にとっては、自然の恩恵を感じる良い体験となっています。

 

 

◇手作りから生まれる喜び

 

近年は、どの地域にも、昼夜問わずに、自分が欲しいと思った食品を買い求めることができるお店がありますね。

 

自分で野菜を作らなくても、料理をしなくても、お金さえだせば、何でも買って食べられる生活、一見便利そうな生活は、私達にとって良いことなのでしょうか。

 

 私達は、この肉体を使って何かを創り出す時に、喜ぶことができるのではないでしょうか。

 

 冷蔵庫のあり合わせのものを使って、昼食弁当のおかずを作る時、庭やベランダで育てたネギやシソを刻んで、玉子焼きに入れてみる・・・、そんな簡単なことから、私達の日常生活は潤いのあるものになると、実感しています。

 

 数日前の休日、次女と二人だけで家で留守番をする時がありました。15時頃、何か3時のおやつをと思い、じゃがいも3個を細切りにして、フライパンでカラッとなるまで炒めて、次女と二人でいただきました。「美味し~い!」外で買うポテトフライと比べものにならないほど満足しました。
 

今年こそは、自分の作った大根で「沢庵」を作るのだ!と夢見ながら、春の訪れを喜んでいる私でした。

 

 

田んぼの稲

 

 

(SNIオーガニック菜園部部長 小池 聖明)

 



ページトップへ