オーガニック菜園に取り組んでいる生長の家の組織会員のサイトです

わたしたちのめざすOrganic Lifestyle(オーガニックなライフスタイル)とは。。。


  ノーミートの食生活を心がけ、野菜や穀物については、有機農法によって自ら栽培することに挑戦し、それらを収穫し食すことで、地域と季節に即した自然の恵みの有難さを味わい、地域の人々とも共有するライフスタイルです。
  また、食材を購入する場合は、地産地消・旬産旬消を心がけ、フードマイレージの低いものを選び、化学肥料、農薬など、化石燃料由来のものをなるべく使わないものを選択することが、自らの健康のためだけでなく、環境や社会に配慮した、人にも自然環境にも優しいライフスタイルをめざしています。

2019.07.18地球にやさしいたわしを作ろう!~ヘチマプロジェクト

 

こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の水島です。

 

先日、ヘチマの植え付けをする小さなイベントをしました。
オーガニック菜園部で借りている共同菜園の一角を耕し、ヘチマを育てます。

最終的にはヘチマ料理を楽しむとともに、地球にやさしいたわしを作る予定。

ただ植え付けるだけではなくて、今回はSNIクラフト倶楽部と協力して、農業資材を自然素材でまかなおうという取り組みです。

 

 

◇深刻な環境汚染をもたらすプラごみ

 

 

この欄でも、プラスチックの問題は何度か書いたことがあります。
プラスチックごみは年間800万トンが海に流出しているとされ、深刻な環境汚染をもたらしています。また微少なプラスチックであるマイクロプラスチックは、洗濯の際に衣類などから流れ出すなどして、世界の海洋を汚染しているとみられています。

 

台所に必須の食器洗いも、スポンジの多くが合成繊維=繊維状のプラスチックで、下水を通じて海に流れ込みます。マイクロプラスチックは食物連鎖によって、最終的には人体に取り込まれると指摘されています。
そんなわけで、合成繊維に含まれるアクリルたわしやマイクロファイバーを避け、天然素材に切り替えようと私たちも考え、行動しています。

 

 

 

◇棚も手作り

 

 

綿や麻でスポンジの代わりになるものを作るという手もありますが、今回はヘチマを育ててたわしにしてしまおうというプロジェクト。
支柱も石油製品を避け、地元の方から分けていただいた竹で手作りします。

 

職人級の同僚の指示で、竹を切り、格子状に組み、紐で結んで、杭と共に建て、つるが伝う棚ができました。
十数人の参加者がいたとはいえ、2時間で立派な棚ができたのは、ひとえに職人級の同僚の的確な指示のおかげ。その後、うねを整え、菜園部長が種から育てていたヘチマの苗を植え付けました。

 

 

◇正しい心で

 

 

「脱プラスチック」のうねりは起きているけれど、まだまだ大量のプラスチックが使い捨てになっている光景も見かけます。
そんなとき、自分が暮らしを小さく変化させたところで、何か変わるのだろうか、と思いそうになることもありますが・・・。きっと、正しい心で行動を積み重ねていくことで世界は変わるはず。

 

仲間とのヘチマの植え付けも棚作りも、とても楽しい時間でした。そして、良いことをしようとするとき、心の深い部分で喜べる自分がいます。

 

楽しみながら、地球にやさしい生活を!
ヘチマの成長ぶりは、また後日、報告します。 

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 水島育子)


2019.07.01非常食の保管とその活用レシピについて

 

 

こんにちは、菜園部事務局の池田知嘉子です。

 

環境破壊による地球温暖化が進む一方、世界各地では大規模な自然災害が起きています。
国内でもたびたび大地震により、ライフラインがストップするなど食生活にも大きな影響を及ぼしています。このような災害時に備えて、今回は非常食の備蓄について考えました。

 

 

◇ローリングストック法

 

この方法は、非常食を定期的に飲食し、使用した分を補充するという備蓄方法で最近注目されています。

 

例えば4日分の備蓄(12食分)では、毎月1食分を食べる日を決めて作ることにより1年間すべて入れ替えながら消費期限を保つことが出来きます。保存期間も長期間保存がきく食品に限定されず、約1年くらいの保存がきく食品、乾物など幅広い食品を選べる利点があります。

 

これまでは3~5年ほど保存できる食品をたくさん備蓄しておき、消費期限が切れるころに入れ替えることにしていても、気がついた時には期限が既に切れていたり、期限が迫ってきたものは一気に片付けなければという問題点がありました。

 

それに比べるとローリングストック法は、常に意識して無理なく調理ができるので、それほど負担もかかりません。

 

 

 

◇ 私のお勧めする備蓄に適した食品とその消費期限

 

 

備蓄に適した食品の消費期限を、私が自然食品店と一般の店で買った食品を参考に記載してみました。

                

 

インスタント乾麺(そば)  半年
大豆ミート缶詰            1年
干ししいたけ              1年
切り干しダイコン          半年
もち                      1年
有機トマトピューレ       1年半
干し柿                    1年(冷凍庫)

 

自然食品のインスタント麺の中には添加物が含まれないものもあり、比較的、身体にも安心していただけます。海苔も栄養価値が高く、おかずが無くてもご飯が食べられます。
 

 

◇非常食のメニュー

 

この食品をいくつか利用した非常食を作ってみました。
「切り干しダイコンのトマト煮」と「大豆ミートとにんにく、玉葱のそぼろかけご飯」
そぼろかけご飯には、干し椎茸の粉末も入れています。

 

★干し椎茸を粉にすると料理の味にコクが出て美味しく仕上がり、椎茸が苦手な方も安心して食べられます。この方法はある番組で知り活用してみました。

 

 

オリジナルの「ゆかりのふりかけ簡単パスタ」です。

 

 

いつもストックしてある食品で、栄養があって簡単にできるメニューとして是非おすすめです。今後も少しずつメニューを増やせるようチャレンジしていきたいと考えています。

 

 

                                                   

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 池田知嘉子)


2019.06.22不自然な冬のイチゴ(後)

 

◇じいちゃんの無農薬イチゴ

 

 

こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の水島です。

 

 

前回に続き、職場のある北杜市大泉町で無農薬無化学肥料のイチゴ栽培に取り組む北川信(きたがわ・まこと)さんの話題です。

 

北川さんがイチゴを手がけ始めたのは、今はもう成長した孫が幼い頃、イチゴをことのほか喜んだことがきっかけ。「じいちゃんが作ったイチゴは無農薬なんだぞって食べさせたくてね」。孫が「ここにもあるよ、あそこにもあるよ」と喜んでイチゴ狩りをするのを見るのが楽しみでした。

 

その上、技術やエネルギーを駆使し、冬に出回るイチゴへの疑問もありました。

 

なんでイチゴを冬に食わなきゃいけないんだろうってね」

 

 

 

◇不自然な冬のイチゴ

 

 

イチゴは冬を経験して結実する果物です。

 

そのため、冬に収穫するためにはそれより前に冷蔵庫のような保冷設備の中に入れて、イチゴに「冬を経験させる」と言われます。
その後、春が来たと感じさせるために暖房施設・温室などで暖めます。
日が長くないと花芽分化しにくいため、煌々(こうこう)と照明で照らす工程も。

 

エネルギーを大量に使用し、いわば工業的に、不自然な形で育てられているのが冬のイチゴです。

 

 

 

◇強い品種を選ぶ

 

 

北川さんが育てている品種は主に「宝交(ほうこう)」、それに静岡などで栽培される「紅ほっぺ」です。

 

このうち、「宝交」は50-60年以上前からある品種です。一般的にイチゴは病気や虫に弱く、消毒を繰り返すことが多いとされますが、「宝交は病気に強い」(北川さん)とのこと。

 

北川さんによると、品種改良の結果、現在出回っているイチゴは、病気や虫に弱い面があるとのことで、昔からある、比較的古い品種を選ぶことで、無農薬に耐えうるようです。

 

もちろん手はかかります。比較的、虫に強いとはいっても、途中で喰われるものももちろんあります。「宝交」の果実は比較的柔らかいため、雨対策としてビニルをかけます。また、ビニルハウスならば入り口の管理をしっかりしておけば動物の被害を防ぐことができますが、路地栽培の場合はキジなどの鳥、ハクビシンなどの獣の対策もしなくてはいけません。「手がかかってもう嫌になっちゃうよ」と北川さんは苦笑いします。

 

 

写真:北川さんがイチゴを路地栽培する畑

 

 

 

◇経済と密接につながる農業

 

 

お話を伺っていると、経済と密接につながっている現代の農業のすがたがくっきりと浮かび上がってきました。

 

冬のイチゴは高く売れるから、冬に収穫できる方向へ技術が進んできた。

保冷施設で「冬」を経験させ、再び暖めて結実させるため、温度変化に敏感な方向へ品種改良されてきた。

長距離を輸送し、大消費地へ届ける必要性から、一定の固さをもった品種に改良されてきた。

自然をねじ曲げる方向に、なぜ「進化」してきたかといえば、それを求める消費者がいるからです。

 

 

 

◇温暖化につながる欲望

 

 

多くの野菜や果物が世界中から運ばれ、また技術の進化によって、1年中、スーパーマーケットに並ぶようになり、自然のサイクルで育てた場合の本来の「旬」がわかりにくくなりました。イチゴも品種改良や海外からの輸入によって、一年中、ケーキ店ではイチゴケーキを買うことができます。

 

しかし、消費者が望む方向にねじ曲げられた形で野菜や果物が栽培されれば、そこには膨大なエネルギーが必要となり、地球温暖化につながります。

 

どうしても冬のイチゴが必要でしょうか?

 

6月、標高700~1300メートル付近に住む同僚たちが家庭菜園で育てるイチゴの収穫の知らせが聞こえ始め、北川さんのイチゴも少しずつ色づいてきました。

 

昨年夏の植え付けから、実にほぼ1年がかり。

 

でも、これが自然のスピードです。

 

経済は需要のあるところに供給されるように動きます。つまりいわば消費者の選択、換言すれば、人間の心が経済の動きも作ります。だから一人一人の選択が大切です。

 

自然のリズムを知り、人間の欲望を叶えるためにどれだけのエネルギーが使われるかを知り、その上で、地球にやさしい日々の小さな選択を積み上げていきたいと思います。

 

 

写真:収穫を控えた北川さんのイチゴ。前夜の激しい雨で周囲の土が飛び跳ねている

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 水島育子)

 

 


2019.06.10不自然な冬のイチゴ(前)

 

 

◇イチゴの旬はいつ?

 

こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の水島です。

 

以前、ネットで調べ物をしていたら、地方紙のこんな記事に出合い、仰天しました。
「〇〇市で旬を迎えたイチゴの出荷が最盛期を迎えている」
記事の日付は1月中旬。イチゴはもちろんビニールハウス育ち。
本来、露地栽培でイチゴが実をつけるのは4-6月でしたが、最近は冬に出回る量が多く、「冬から春が旬」という言い方もしばしばされているようです。

 

写真:露地栽培では4-6月が旬のイチゴ。様々な手法により、今は冬に多く出回る

 

 

 

◇不自然な栽培方法

 

しかし、冬のイチゴはいろいろと不自然な栽培の仕方をされていると聞きます。

詳しい人にお話を聞いてみたいと思っていたら、職場のごく近くで、無農薬・無化学肥料の露地栽培でイチゴを生産されている農業、北川信(きたがわ・まこと)さん(73)にご縁をいただきました。
難しいとされる無農薬でイチゴを栽培され、出荷されている北川さんにお話を聞いてみました。

 

 

◇厳しい環境で試行錯誤

 

北川さんの畑があるのは標高約1300メートルの地域。イチゴ栽培には少し涼しすぎます。

 

「厳しい環境で毎年試行錯誤してきた。露地栽培で季節に収穫するのは、なかなか難しいんです」

 

北川さんは元々、長野生まれの神奈川育ち。
東京の専門商社や出版社で働きましたが、「組織の歯車で働くのがしっくりこない。自分の手で何かを作り出したい」という思いを抱き、北杜市へ移住。

 

農業に取り組み始めたときから、無農薬無化学肥料でと決めていました。「本来、自然のものでやりたいから」。

 

化学肥料を効かせたら見栄えがよくなるかな、と思うときも、「意地みたいなもの。(自然は)こういうものだって納得しています」と笑います。

現在はトマト、キャベツ、白菜、カボチャ、トウモロコシなどを栽培し、地元の市場に出荷しています。

イチゴの生産には、10年以上前から、無農薬無化学肥料、露地栽培で取り組んできました。

6月が、北川さんのイチゴの収穫時期です。

 

北川さんの具体的な工夫や冬に出荷されるイチゴの栽培事情などを次回に続けます。

           

写真:北杜市でイチゴの無農薬、露地栽培に取り組む北川信さん 独学で農業に取り組む傍ら、地元の大学施設の管理人などで生計を立ててきました。

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 水島育子)


2019.06.05“環境に優しい”選択は“人に優しい”選択に~♪

 

こんにちは、オーガニック菜園部の源明子です。

 

◇今朝は出勤前に“畑活”~♪

 

 

“朝活”や“婚活”は定番となっていますが、最近、“畑活”も聞かれるようになってきました。“朝活”とは仕事や趣味に、朝時間を活かす活動のことで、それにならって、朝の時間と限ってはいないと思いますが畑で活動することが、“畑活”となるのでしょうか??

 

 

 

 

 

地球温暖化、エネルギーの枯渇問題等の環境問題の解決のためには、私たち一人ひとりのライフスタイルの見直しが必要となります。そのために、私たちができることは何でしょうか?私たちは、日々どのような選択をすれば良いのでしょうか?

 

例えば、有機農法による家庭菜園は、輸送の際に二酸化炭素を排出し配送されるスーパーの食材と比較すると、フードマイレージのもっとも低い、地球環境に優しい、究極の地産地消・旬産旬消による食材の調達方法です。

 

今朝、朝の時間を活かして出勤前に菜園仲間たちと、みんなで借りている畑で、サツマイモの苗の植え付けを行いました。これは、菜園仲間たちが前もって、畑を耕し、畝を作り、苗を購入しと、段取りしてくれていたおかげです!わずかな時間で苗12本を植えることができました。仲間の力って大きい!!心から感謝です。ありがとうございます~♪

 

◇“秘密兵器”が登場!!

 

今回サツマイモの苗を植え付けるにあたって、“秘密兵器”が登場しました!!地元の有機農家さんから教えていただいたとのこと、先人の知恵に感謝でございます。長さ30センチの木の棒で、先端の中程に切れ目が入っています。

最初に、この木の棒を定規として使うことで、苗を30センチの等間隔にならべることができます。そして、畝に置かれた苗の根元に、棒の先の切り込み部分を押し当て、そのままグッと土の中に深く差し込むだけで植え付け完了です。これまでの穴を掘り、苗をさし、土をかぶせるというプロセスを考えると、目からウロコ!!な植え付け方法でした。

 

 

◇最近はやりの草マルチ♪

 

 植え付けのあとは、刈った草をかけて、マルチ代わりに。地球の環境破壊は日々深刻化しており、私たちは、菜園作りにおいても、資源と環境の両面において配慮し、“脱プラスチック”を目指しています。これまで、化石燃料由来の市販のマルチを利用することも多かったのですが、今回は住まい周辺の草刈りを行った際に大量に出た草を乾燥させ、苗の周りにひくことにしました。

 

この“草マルチ”、今年に入って良く耳にするようになりました。所属するSNIオーガニック菜園部内でも、“草マルチ”に挑戦される方も増えてきています。また、一般の方でも、北杜市にある有機農家虫草農園さんでも、最近、草マルチとして、ナスの苗に、同じ畑で栽培しているルバーブの大きな葉を利用することを思いつき、挑戦してみた体験をSNSで紹介されていました。。。美しい地球環境を守るため、考えることはいっしょだなあ。。。とうれしくなりました。

 

◇標高1300mではたしてヘチマは育つのか~♪

 

地球環境を守るという意味で新たな取り組みがあります。それは、“ヘチマ”の栽培です。海に漂うマイクロプラスチックの問題が世界的課題として取り沙汰されるようになり、洗剤不要で「地球に優しい」とされ使用してきたアクリルの毛糸で編んだエコタワシも環境に優しくないのでは?という意見も出てきています。そこで、自然素材のタワシとして、“ヘチマのタワシ”への注目が!いろいろ情報を集める中、ヘチマはどうやらあたたかい環境を好んで生育しているようです。標高の異なる何カ所かで栽培が始まりました。私の職場である森の中のオフィスは標高が1,300メートルの高冷地にありますが、試しに苗を購入しプランターでの栽培を始めました。寒さが気にはなりますが、グリーンカーテンとして大きく育ってくれることを期待しつつ、見守っていきたいと思います。

このようにSNIオーガニック菜園部では、“環境に優しい”選択として、有機農法による野菜作りを行い、また皆様にお勧めしています。加えて、最近は農業資材に関しても、“環境に優しい”代替品へと少しずつシフトしています。それらの選択は、環境に優しいだけではなく、自らの手で安心安全な野菜等を育ていただくこと、また野菜作りを通して、自然とふれあい、自分自身も生態系の一員であるとの自然との一体感を感じることで、健康面においても、精神面においても“人に優しい”選択となるのではないでしょうか? 

 

次世代に美しい地球を残すためにも、“環境に優しい”そして“人に優しい”選択を~♪

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 源 明子)



ページトップへ