オーガニック菜園に取り組んでいる生長の家の組織会員のサイトです

わたしたちのめざすOrganic Lifestyle(オーガニックなライフスタイル)とは。。。


  ノーミートの食生活を心がけ、野菜や穀物については、有機農法によって自ら栽培することに挑戦し、それらを収穫し食すことで、地域と季節に即した自然の恵みの有難さを味わい、地域の人々とも共有するライフスタイルです。
  また、食材を購入する場合は、地産地消・旬産旬消を心がけ、フードマイレージの低いものを選び、化学肥料、農薬など、化石燃料由来のものをなるべく使わないものを選択することが、自らの健康のためだけでなく、環境や社会に配慮した、人にも自然環境にも優しいライフスタイルをめざしています。

2019.01.14新年に薬膳料理を楽しむ

 

こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の小池知嘉子です。

 

◇お屠蘇で新年を実感

 

今年の正月は手作りのおせち料理と新しい朱塗りのセットでお屠蘇をいただきました。
お屠蘇の由来は平安時代に中国から伝わり、宮中の正月行事として取り入れられた後、
江戸時代には一般庶民にまで広がったと言われています。
防風(ボウフウ)、桔梗(キキョウ)などの薬草が入った小さな袋を一晩砂糖と日本酒につけ、元旦にいただきます。独特の香りがするお屠蘇は邪気を祓い、長寿を願っていただくそうです。お屠蘇をいただくたびに新年を無事に迎えられたと実感できます。

 

◇薬膳料理の魅力

 

1月6日の小寒に入ってから、ここ北杜市もますます寒さが厳しくなりました。

最近中国から日本に伝わったものとして共通する興味深い新聞記事を見つけました。
(1月5日 日経新聞 NIKKEI プラス1)

それは『薬膳料理で寒さに打ち勝つ』という見出しで、手軽に作れる薬膳料理が幾つか紹介されているものでした。

記事よると、薬膳とは、中国の伝統医学の理論に基づき、自然界にある生薬と薬効のある食材を取り合わせた料理のこと。健康の維持や老化防止、病気の予防と治療を目的にした食養生が薬膳です。料理の食材として特別な生薬や薬草を使わなくてもいいそうで、例えば冬の寒い時期に体を温める「鮭」、「胡桃」、「生姜」などで料理をすることで血行を良くし、健康維持に役立つということです。

 

◇身近な食材で健康維持

 

紹介されたレシピを参考に“エビと山芋の胡桃あえ”と“鱈と長芋のグラタン”を作ってみました。グラタン皿は手作りです。エビや胡桃が身体を温め、山芋は胃腸の働きを良くするそうです。どちらも油が少なく薄味でとてもヘルシーでした。

 

 

 


薬膳料理はこのように漢方薬に使われる素材にこだわらなくても、身近なもので十分に役割を果たし旬産旬消にもつながります。旬のものをいただくことで地球温暖化を防ぎ、
健康維持にも役立ちます。自然からの恵みに感謝し、旬の食材で様々な薬膳料理を楽しむのはいかがでしょうか。

 

  (SNI オーガニック菜園部事務局 小池知嘉子)


2019.01.01新年のご挨拶

 

あけましておめでとうございます。

SNIオーガニック菜園部長の小池聖明です。

新しい年を迎え、期待に胸をふくらませている方も多いのではないでしょうか

 

 

◇自然の恵みに感謝

 

私の住む山梨県の北杜市大泉町は、昨年末から零下の気温となり、地面が凍り付く季節が到来しました。そのため、最後まで庭に残していた小松菜を、12月29日に慌てて収穫し、翌日の朝、早速、煮浸しにして美味しくいただきました。

 

 私が家庭菜園を初めて7~8年になります。自給自足とは言えないほどわずかな量ですが、自ら土にふれ、季節の野菜を育てて食する体験を積み重ねる中で、私は、太陽や水の恵み、土の恵みに改めて感謝するようになりました。

 

 

◇大いなる存在に“ありがとう”

 

また、畑で作業をしていると、ミミズや虫など小動物と対面する機会が多くあります。そのような小動物や微生物が枯葉などを分解して土に戻していくという壮大な循環活動があるおかげで、作物が育つ栄養分が生み出されているということを知り、感動しています。1枚の葉が土に戻るまでは、なんと1年半~2年くらいかかるということを地元の有機農業家の方から学びましたが、そのような自然界の働きのおかげで私達人間が、自然界から恵みをいただくことができるなんて、とても有り難いことですね。
 

 

 収穫したばかりの野菜の香りの良さ、美味しさは、自然の力以外の何物でもなく、私は自然に生かされていることを感じ、その自然界を創造された大いなる存在を感じます!その存在を神様を呼ぶならば、私は神様に「ありがとうございます。」と感謝をしたいと思うのです。

 
 SNIオーガニック菜園部は、メンバー数が、12月末で1,150名になりましたが、日々、フェイスブックグループの中で、メンバーの皆様が、ノーミートの料理や、無農薬、無化学肥料で育てた野菜の紹介、そして自然の恵みのありがたさを実感している感動の声などを投稿して下さっていて、ワクワクするような気持ちで拝見しています。

 

 

◇自然の恵みを生かしたプレゼント

 

年末の投稿で、自家製の干し柿入りのスイーツや自家製の味噌を年末の贈り物になさっている方がおられ、私は驚きました。確かに、過剰包装された既成のお菓子の贈答品よりは、手作りで、身体や環境に良いものを贈りものにすることは、“自然の恵みを生かした行い”と言えると思います。クリスマスに地元産の粉で作ったクッキーやケーキを紹介して下さる方もおられ、感動するばかりでした。

 

 そこまではできない!という人でも、“少し”の自然の恵みを自分ライフスタイルに入れてみることはできるのではないでしょうか。例えば、子供と一緒にベランダのプランターで育てたミニトマトをお弁当に入れたり、卵焼きに分葱を入れてみるのも良いかもしれません。
そういう身近な行為の中に、自然の息吹を感じる、そしてその背後にいる神様に感謝をする、そんなステキな活動が広がっていけば、と私は考えています。

 

 

◇活動の輪を広げて

 

 私個人としては、まだ野菜を育てたことのない方に、苗や種をプレゼントして、生活の中で、自分で野菜を育てて、その生命が伸びていく喜びを感じてもらいたいと思っています。例えば、一粒の大豆の種から、たくさんの大豆が収穫できるのですから、それは不思議としか言いようがないわけです。そして、それを料理して味わうことができれば、喜びは格別です。

 

 菜園部としては、自然災害の多い昨今、自然の力を生かした保存食や非常食を作ったり、野にある草で食べられるものはないか、など自然の中で自らが生きていく知恵を学び、情報共有をしていきたいと思います。また、TPPの発効等に伴う外国産の食品が大幅に参入してきた時、私達はどのような食品選択をしていけばいいのかということも考えたいと思います。

 

オーガニック菜園部のメンバーのみなさんとともに、今年も、ノーミート・低炭素の食生活についてのアイデアを共有し、ワクワクするような活動を行い、低炭素の食生活の活動の輪を、より多くの人に広げていきたいと考えております。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

(SNIオーガニック菜園部長・小池聖明)

 

 

 

 

2018年SNIオーガニック菜園部の活動より

 

SNIオーガニック菜園部員 鬼澤正人さんより(茨城)

SNIオーガニック菜園部員 菊池光珂さんより(東京)

SNIオーガニック菜園部員 香川和貴さんより(大阪)

SNIオーガニック菜園部員 安久誠さんより(千葉)

SNIオーガニック菜園部員 小田川浩三さんより(青森)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.12.17森の中のオフィスのクリスマス会~♪

 

こんにちは、オーガニック菜園部の源明子です。

 

森の中のオフィスでは、働く職員とその家族が参加して、毎年12月に「森の中の交友会」と称して、クリスマス会(手作りプレゼントの交換会)を開催しています。その手づくり品には、日持ちする食品(野菜も含む)も含まれ、なるべくエコなもの(不要品のリメイク等)となっています。プレゼントには、メッセージカードをつけますが無記名となっていて、誰からの贈り物かは、本人が名乗らない限りわかりませんので、ワクワク度が増します~♪

 

このクリスマス会は、3つあるプロジェクトチームの内、SNIクラフト倶楽部が主体となって、SNIオーガニック菜園部やSNI自転車部も協力して開催します。

 

 

◇干し柿入りのマフィンをプレゼント!

 

 

私たちSNIオーガニック菜園部は、参加者のみなさんに、手作りの焼き菓子をプレゼントしています。昨年は、自分たちで育てた甲州もろこしで作ったコーンマフィンを、そして今年は、SNI自転車部の仲間たちが、地元の高齢者のお宅の柿採りのお手伝いに行っていただいた柿を、私たちもわけていただき干し柿を作り、その干し柿を入れてマフィンを作ってみました。

 

 菜園部事務局では、それぞれの部員の得意分野が活かせる役割分担を行っています。今回のマフィン作りのリーダーを担当したのは、小池知嘉子さんです。何度もマフィンの試作をして本番にのぞみました!

 

 材料もできるだけ、オーガニックで地産地消旬産旬消等、できるだけ環境に優しい選択をしました。地元の無農薬の小麦を製粉した小麦粉、地元の平飼いの卵、国産の有機豆乳、国産のなたね油やてんさい糖に、お手製の干し柿を加えました。

 

マフィン作りのリーダーの小池知嘉子さん

 

 

 

干し柿をブランデーの漬けたもの

 

 

 

できるだけ環境に優しい材料を選択

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇なるべく環境に優しい選択を~♪

 

マフィンの材料もできるだけ環境に優しいものと考慮し、それ以外でもできるところから改善を心がけています。例えば、マフィンといっしょに配付するメッセージカードは、古いカレンダーを台紙として利用します。また、これまでは作ったマフィンを販売されているビニールの袋で、個別にラッピングしていましたが、資源と環境の両面にわたるプラスチックの問題を踏まえ、今年から包装をやめ、参加者に容器や袋の持参を呼びかけ、持参し忘れた方には日本製の紙の袋を用意致しました。

 

 今大切にしたいことは、私たちひとりひとりの“意識改革”と“行動”ではないでしょうか?誰もが平和に暮らしたいと願っていると思います。この美しい地球を汚染し破壊して幸せな生活はあり得るのでしょうか?答えはもちろん、“NO!”だからこそ、これまでのライフスタイルを当たり前のように続けるのではなく、何かを選択するときには、少しでも環境にとって優しい選択肢はないのかなって、まずは考えてみる!そして、できることからやってみる!、こんなふうに考え行動する人が、日本中に世界中に、もっともっと増えると、きっと私たちの大切な住まいである“地球”が守られ、次世代に引き継ぐことができると思います。

 

来年も、地球にやさしく、ていねいな美しい生き方を目指していきたいと思います。年末に向け、くれぐれもご自愛の上、お健やかに新年をお迎えください。。。。

 

 

 

 

 

エコラップ(みつろうラップ)

*地球に優しい、プラスチックを使わず、みつろうやホホバオイルなど天然の材料を布に染み込ませ、撥水性を持たせた布ラップのこと。天然の抗菌性と保存性を備えるとされています。

 

 

 

 

古いカレンダーを再利用して

 

 

 

 

 

 

 

 

(SNIオーガニック菜園部事務局 源 明子)

 

 


2018.12.03子ども食堂に行ってきました

 

 

こんにちは、SNIオーガニック菜園部事務局の松尾です。

先日、「長坂子ども食堂」に行ってきました。

 

◇ 6人に1人が「貧困状態」

 

日本では、子どもの6人に1人が「貧困」の状態にあると言われており、

その状況を顧みて、生長の家でも子どもの貧困問題にできることからはじめようと、

月に1回、子どもたちにノーミート(お肉を使用しない)食事を無料提供しています。

 

これまで私は、来ている方は、母親がお子さんを連れてこられている方がほとんどと思っていましたが、実際に食堂に行き驚いたことは、父親とお子さんだけで来ている方が2組もいらっしゃったことです。

なお、長坂子ども食堂では、どなたでもお越しいただきやすい場にしようと、「お子様と保護者の方であれば、どなたでもどうぞ」と呼びかけています。

 

実際に私も子供食堂のメニューをいただきました。

当日のメニューは以下のものでした。

 

(子供食堂のFacebookページより転載させていただきました。ぜひ、ご覧ください。

 

https://www.facebook.com/nagasakakodomosyokudo/

続きを読む…


2018.11.21自然の恵みフェスタ2018 あたらしい食堂係

 

こんにちは、オーガニック菜園部事務局の柿本隆平です。

 

10月20日、21日と、“生長の家森の中のオフィス”で、自然の恵みフェスタが、開催されました。毎年、回を重ねる度に、どんどん進化して、より楽しく、よりためになり、そして、参加者と運営側が、一体となって楽しめるフェスタになっているのを感じました。今回はフェスタの内幕、運営側のエピソードを紹介します。

 

【あらたな食堂係】

私は、普段、職場の“森の中のオフィス”の食堂で勤務しています。
毎年、フェスタでは、食堂で料理を作って、提供しています。昨年までは、主に、普段、食堂で勤務しているスタッフ約10名が、フェスタ食堂係として、料理を提供していました。
 今年は、新たな取り組みとして、食堂スタッフに加え、普段、調理場に立ち入る事がない食堂以外の職員、それと全国各地から応援に駆けつけてくださったSNIオーガニック菜園部のメンバーと、混成チームを作り、あらたな食堂係として、料理を提供しました。

 

 

続きを読む…



ページトップへ