生きる意味が分からない

病気

どうして人間は生きていかなければいけないんですか? 私は自分がなぜ生きているのか分かりません。私は恋人はいませんし、結婚も考えていません。仕事もしていません。自殺未遂を何度もしており本当に親不孝者です。誰にも必要とされていない私が、今後も生きる意味はあるのでしょうか。 (A子・42歳)


回答者:小林光子(生長の家本部講師)

 




つらく、悲しいお気持ちをお察し致します。けれども、あなたが命を絶とうとしたことを親御さんがお知りになって、とても苦しまれただろうと想像しました。あなたが生きることを心から願う方が身近にいることを思い出してみて下さい。また、あなたを必要としている人は必ずいます。

例えば、ボランティアを募集している団体があります。私は先日、地元のフードバンクで支援活動をしてきました。フードバンクは、福祉施設や毎日の食事に困っている方に食料を無料で届ける団体・活動です。企業等から寄贈される食品を届けるのですが、その梱包作業を手伝いました。

配達先は高齢の方、母子家庭、赤ちゃんがいる家庭などさまざまで、困窮している方が大勢いることを実感しました。そして、ささやかでもこの活動に携わることができるのは嬉しいことだと思いました。

また、作業をしながら初対面のボランティア仲間と話をしたり、新鮮な野菜をいただいたりすることがありましたが、そのようにして仲間同士の交流が生まれるのも楽しいことだと感じました。

あなたの周りにもこうした団体等があると思います。そこへ、どうぞ力を貸してあげてください。あなたが参加すれば、きっと喜ばれますし、私が嬉しくなったように、あなたにも喜びが湧いてくると思います。明るく前向きな想いがあなたに再び甦れば、生きていることを肯定できるようになります。

さて、人間が地上で生きる目的は、本来持っている力を発揮し、愛を表現することです。生長の家では、「人間は神の生命が天降って誕生した神の子である」と説いていますが、その意味は、人間は誰もが神の知恵と愛と生命をすでに持っているということです。

本来備わっているこれらを具体的に表すには、今、あなたにできる他者が喜ぶことをやってみることです。それを繰り返すことで、あなたの喜びは増して、さらに幸福な人生が展開していくでしょう。



関連する相談

月刊誌のご紹介

なんでも相談Q&Aは、月刊誌『いのちの環』『白鳩』『日時計24』に掲載された内容になります。
この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。