2019年12月第1週「明るい人生を生きるために」

2019.12.01

12月の講師は 、森田美穂 ( 57 本部講師補 /運動水推進部白鳩会推進課)です。 高知県出身。小学生の頃、父親の病気をきっかけに教えに触れる。高校卒業後、養心女子大学寮(当時)に入寮した後、総本山に奉職。26歳の結婚を機に退職し3男1女をもうける。転機は平成6年。同居を始めた舅と折り合いが悪く、5歳だった長男も嘔吐の発作を繰り返すように、真剣に教えを学び直し三正行を励行すると、同居から2年、舅と和解。心に明るさを取り戻すとともに、長男も快癒し「み教えを心から信じる機会を与えられた」と振り返る。19年。国際本部にパート職員として復職、現職は21年から。28年、白鳩会副会長を拝命。長野市でのボランティア活動では「支援を通して自らの生活を省み、今の活動の素晴らしさを実感」。(暁子)

日々の祈り

谷口雅宜著