オーガニック菜園に取り組んでいる生長の家の組織会員のサイトです

2017.03.21自然の恵みを分けていただく

こんにちは、オーガニック菜園部事務局の松尾です。

私の職場の周辺には、シラカバの木が沢山生えています。

数本ですが、皮がピンクっぽい「ダケカンバ」と呼ばれる木も生えており、この木は、標高1,500メートル以上になると多く見られます。


ちなみに職場は、標高1,300メートルのところにあります。


1-1

シラカバの樹液をほんの少しだけ分けていただきます。



2-2

 
3-3

シラカバの樹液を採取するため装置です。


シラカバは3月頃になると、水分を吸い上げるため、そのタイミングに合わせます。


4-4

ドリルで上斜め方向に、約4センチの穴を開けます。



5-5

ホースとペットボトルを設置します。


 6-6

虫が入らないように、紙で蓋をします。


 7-7



採取された樹液は、料理などに使用するそうです。これからが、楽しみです♪

                                             
(松尾 憲作)

 

 

 

 


ページトップへ