KIMG3464

相栄推進課の近藤慎介です。

 

「神の子・無限力」の発揮と“自然と調和したライフスタイル”の実践、

そして個人的には運動不足解消のため、6月にロードバイク(※1)を始めました。

主に「ジテツー(※2)」と「ヒルクライム(※3)」に挑戦しています。

 

(※1)舗装路での高速走行を目的に設計された自転車

(※2)自転車で通勤すること

(※3)自転車で山や峠などの急勾配の坂道を走る登坂競技のこと

 

初めの内は、目的地に到達した時の達成感を味わうために、

必死にペダルを踏んでいるという感じでしたが、

内心は「何でこんな大変なことをしているんだろうか・・・」という気持ちでした。

 

しかし、ある時からペダルを踏み込んでいること自体が楽しくなってきて、

次第に走ることが喜びに変わってきました。

総裁・谷口雅宣先生がフェイスブックに書かれていますように、

まさに「困難に戯れる」ようになってきたのです。

KIMG3472

 

改めて、私たち人間は「神の子・無限力」を発揮することが

心からの喜びにつながるのだということを痛感しています。

そのことを最も簡単に感じられることの一つが、自転車に乗ることなのかも知れません。

 

最近では、ロードバイクで自然豊かな山間部を走りながら、

青い空や白い雲、目の前に広がる自然の織り成す造形、

風にそよぐ木々の音や小鳥のさえずり、セミの鳴き声などを楽しんだりと、

五官をフル動員し、自然との一体感を味わいつつ、ペダルを漕げるようになってきました。

KIMG3412

 

また、自転車で走ることはCO2排出を全く伴わないなど、

“自然と調和したライフスタイル”の実践にもつながるのです。

 

このように“新しい文明”の構築にもつながる自転車ライフですが、

運動不足解消だけではなく、健康にもいいらしく、

最近、体調がすこぶるいいです。

 

今では、天気のいい日に約一時間かけてジテツーすることが楽しみになってきたり、

「次の休日、晴れたら、どこのヒルクライムコースを走ろうか?・・・」などと

“嬉しい悩み事”が増えるなど、

新たな形での「神の子・無限力」を発揮しつつ、

“自然と調和したライフスタイル”を実践することに喜びを感じる日々を送っています。

KIMG3478

 

<アクション>

自動車に乗ってしまいがちな距離を、思い切って自転車で走ってみてはいかがでしょうか?

自動車に比べれば、少し時間がかかったり、

慣れない内は、体にキツく感じることがあるかも知れません。

 

しかし、続けていく内に「神の子・無限力」を発揮することに喜びを感じる自分を発見したり、

自動車で走っていた時には何気なく通り過ぎていて気づかなかった

様々なことを発見できるかもしれません。

 

(2015.08.21、相愛会・栄える会推進課 近藤慎介)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です